「ちょい投資」荻原博子氏

公開日:  更新日:

「借金減らして現金増やせ」をモットーに、家計や資産の運営には堅実な策を提案。別名・キャッシー荻原と呼ばれるほど「現金主義」の著者が、なんと投資の本を執筆したというから驚きだ。

「私自身は投資が好きで、株も不動産もひと通りやっています。不動産投資では痛い目にも遭いましたよ(笑い)。人に決して勧めないのは『投資=ギャンブル』だから。いわばバクチなのに、証券会社や銀行のいいようにだまされる人が山ほどいるんです。金融機関はメリットだけ喧伝してリスクを言いませんからね。『そこは私が言わなくちゃ!』と思って、これを書いたんです」

 確かに、大手金融機関がスポンサーのメディアは、商品に関するデメリットやリスクに触れられない。

 この本は投資の本だが、リスクやデメリットを詳細にわかりやすく解説。ある意味、証券会社や銀行に喧嘩を売る勢いも感じられる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

もっと見る