「亡国記」北野慶著

公開日: 更新日:

 2017年、深田翠は島岡原発即時停止を求める10万人分の署名簿をもって中部電力の本店を訪れた。政府が次々と原発を再稼働させていたのだ。だが、特別公安刑事に阻まれて目的を果たせず、島岡原発近くのホテルに泊まり、翌朝、激しい揺れに襲われる。原発の方向から青白い閃光が駆け抜けた。その頃、翠の夫、大輝は島岡原発が爆発したことを知り、息子の陽向を連れて国外へ避難しようとする。人々は北海道と九州に避難し、ボートピープルとなって国外脱出を図る者も。その隙をついて本州、四国を米軍が、北海道をロシア軍が、九州を中国軍が占領した。

 リアリティーに満ちた近未来ノベル。(現代書館 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

  3. 3

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  4. 4

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  5. 5

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  6. 6

    連日過熱報道でついに悲鳴…渋野日向子が“国外逃亡”する日

  7. 7

    日テレ24時間マラソン 走者がポッチャリ女芸人偏重の事情

  8. 8

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  9. 9

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  10. 10

    日韓外相会談物別れでも SNS映えに走る河野外相悪ノリ外遊

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る