「草雲雀」葉室麟著

公開日:  更新日:

 媛野藩馬廻り役栗屋家の三男・清吾は女中のみつを妻としたが、部屋住みの身で独立することもかなわない。そんなとき、片山流の秘技〈磯之波〉の使い手であることを見込まれて、幼馴染みで同じく部屋住みの山倉伊八郎に用心棒を頼まれた。伊八郎は実は元家老の国東武左衛門の妾腹の子で、嫡男が病死したため、呼び戻されて家督を継ぐことになったのだ。そのため、武左衛門から既に派閥を譲られた山辺監物や、武左衛門のライバルの三岡政右衛門から狙われる羽目に。やがて、富商の白木屋の別荘で、山辺から派閥を譲り受ける運びになったのだが……。

 部屋住みからの脱却を図る武士を描く時代小説。

(実業之日本社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  8. 8

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  9. 9

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  10. 10

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

もっと見る