「草雲雀」葉室麟著

公開日:  更新日:

 媛野藩馬廻り役栗屋家の三男・清吾は女中のみつを妻としたが、部屋住みの身で独立することもかなわない。そんなとき、片山流の秘技〈磯之波〉の使い手であることを見込まれて、幼馴染みで同じく部屋住みの山倉伊八郎に用心棒を頼まれた。伊八郎は実は元家老の国東武左衛門の妾腹の子で、嫡男が病死したため、呼び戻されて家督を継ぐことになったのだ。そのため、武左衛門から既に派閥を譲られた山辺監物や、武左衛門のライバルの三岡政右衛門から狙われる羽目に。やがて、富商の白木屋の別荘で、山辺から派閥を譲り受ける運びになったのだが……。

 部屋住みからの脱却を図る武士を描く時代小説。

(実業之日本社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  7. 7

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  8. 8

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る