• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ナノサイエンス図鑑 未来が見える極小世界」ピーター・フォーブズ、トム・グリムジー著、日暮雅通訳

 1ナノメートルは、10億分の1メートル=100万分の1ミリ。原子や電子、分子のレベルを扱う「ナノテクノロジー」は、さまざまな科学技術への応用が期待され、日進月歩の勢いで研究が進む科学分野のひとつである。

 その成果のひとつが、1991年に日本人研究者が発見した「カーボンナノチューブ」だ。この発見によって地球と静止衛星の軌道を結ぶ「宇宙エレベーター」の実現が現実味を帯び、人類の宇宙への夢はさらに広がった。

 本書は、肉眼では見えないナノスケールの世界で繰り広げられるナノテクノロジーの基礎から最先端の研究までを分かりやすく解説してくれるサイエンスブック。

 ナノスケールの世界への扉を最初に開いたのは、物理学者リチャード・ファインマンだった。1959年、彼は「底のほうにはまだ十二分の余地がある」と題した講演で、目に見えない分子と、複雑精緻なエンジニアリングの驚異の数々を内包する生きた細胞には、スケールの差があるだけだとし、「エンジニアもまた、このスケールで操作できれば、さまざまな驚異を実現できるはずだ」と説いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  7. 7

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る