「ナノサイエンス図鑑 未来が見える極小世界」ピーター・フォーブズ、トム・グリムジー著、日暮雅通訳

公開日:  更新日:

 1ナノメートルは、10億分の1メートル=100万分の1ミリ。原子や電子、分子のレベルを扱う「ナノテクノロジー」は、さまざまな科学技術への応用が期待され、日進月歩の勢いで研究が進む科学分野のひとつである。

 その成果のひとつが、1991年に日本人研究者が発見した「カーボンナノチューブ」だ。この発見によって地球と静止衛星の軌道を結ぶ「宇宙エレベーター」の実現が現実味を帯び、人類の宇宙への夢はさらに広がった。

 本書は、肉眼では見えないナノスケールの世界で繰り広げられるナノテクノロジーの基礎から最先端の研究までを分かりやすく解説してくれるサイエンスブック。

 ナノスケールの世界への扉を最初に開いたのは、物理学者リチャード・ファインマンだった。1959年、彼は「底のほうにはまだ十二分の余地がある」と題した講演で、目に見えない分子と、複雑精緻なエンジニアリングの驚異の数々を内包する生きた細胞には、スケールの差があるだけだとし、「エンジニアもまた、このスケールで操作できれば、さまざまな驚異を実現できるはずだ」と説いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  3. 3

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  4. 4

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  5. 5

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  6. 6

    広島移籍の長野が本音を吐露「新井さんの代わり荷が重い」

  7. 7

    メディアは国のトップ発言の垂れ流しを終わりにするべき

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  10. 10

    鈴木誠也の2位指名は“凡打ばかりのプレゼン”も一役買った

もっと見る