白人ではなく中国人が見る日本が重要

公開日:  更新日:

「本当は気が小さい中国人」小学館SAPIO編集部・編

 今年の流行語大賞を獲得した言葉の一つが「爆買い」である。中国人観光客が大量に家電量販店やブランドショップで買い物をすることを指し、今年の春節以降、観光シーズンになるとテレビは飽きることなくこの風景を流し続けた。

 こういった文脈の場合、テレビの出演者は若干の呆れ顔をしつつも、「これで経済が潤ってありがたい……」といった展開がこの後に続く。しかし、この爆買い現象は同時に日本人にとってはバブル期にアメリカの不動産を買いまくっては顰蹙を買った時代との落差を思い知らされ、自信を喪失させる結果ももたらす。

 本書は井沢元彦氏、櫻井よしこ氏、三橋貴明氏ら保守派の論客に加え、中国通(及び中国在住)のジャーナリストら14人による中国がどんな国であるかの解説書であり、我々はどう付き合っていけばいいのかを説く本である。


 昨今、自信満々に先進諸国や国際会議で演説する習近平国家主席の姿を見るにつけ、習体制が盤石なものに思えてしまうこともあるだろう。だが、実際は暗殺計画があった話などもまぶされ、決して中国が一枚岩ではないことや、彼らの「反日」的な言動も国内をまとめあげるために必要なことであることを理解できる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  5. 5

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  6. 6

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  7. 7

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  8. 8

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  9. 9

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  10. 10

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

もっと見る