宮城安総
著者のコラム一覧
宮城安総工作舎アートディレクター

1964年、宮城県生まれ。東北大学文学部仏文科卒。1990年代から単行本、企業パンフレット、ポスター、CDジャケットなど幅広く手掛ける。

“ありのまま”が凄い「海」のいきもの

公開日: 更新日:

 さて、こうした「背景の黒の差」を強調すべく、デザイン上でも最大限の配慮がなされている。つまり写真を邪魔しないよう、カバー、帯、表紙、見返しから本文にいたるまで黒尽くしなのだ(文字はすべて白抜き)。また、一冊丸ごと「黒い塊」にしたことで、著者が体験したであろう「海中の静けさ」の再現に成功しているように思う。

 ところで「図鑑」と銘打ちながらも、パーソナルな感動や驚きに満ちた解説文が生き生きとして魅力的だ。それらは撮影当事者にしか書けないもの。それでも個人名義の「写真集」としなかったのは、覚悟と見識の表れとお見受けした。

 A4、横長の判型が迫力アップに奏功。ハードカバー、かがり綴じ、角背。巻末に詳細なデータ集が付く。一日の終わりのリラックスタイムに「バーチャル・海中遊泳」などいかがだろう。(創元社 3600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

  3. 3

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

  4. 4

    インド株の市中感染を初確認!7月に全国蔓延で五輪は絶望

  5. 5

    小池知事「五輪中止」のタイミング…重なる4年前の都議選

  6. 6

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  7. 7

    五輪選手らを選手村と会場に“閉じ込める”政府案の浅はかさ

  8. 8

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  9. 9

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  10. 10

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

もっと見る

人気キーワード