「師走の扶持」澤田瞳子著

公開日: 更新日:

 京にある鷹ケ峰御薬園で薬師をしている真葛のところに、医師から紹介されたという寺侍の娘、蓮がやってきた。16歳というが、13、14歳にしか見えないきゃしゃな娘だ。蛍狩りで知り合った男を好きになり、妊娠したが、それを告げたら男が水子になるのを防ぐという丸薬をくれた。飲んでいいかと尋ねられた真葛は、その丸薬が堕胎に用いる檳榔子の匂いがするのに気づく。しかも、その男というのは、兄嫁が真葛にもってきた見合いの相手だった。真葛は真相を探るために、断るはずだった見合いの相手と会ってみることにする。(「撫子ひともと」)

 薬草を通じて人々の心を癒やす女薬師を描く6編の時代小説。(徳間書店 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  5. 5

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  6. 6

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る

人気キーワード