北上次郎氏がオススメ 正月に読みたい「面白極上本」3冊

公開日: 更新日:

 2016年に注目すべき3人の作家を紹介したい。

 「ウィメンズマラソン/坂井希久子著」は、書名から分かるようにマラソン小説だ。ただし、構成が少し異色。

 物語は東京マラソン最大の難所、36キロ地点の佃大橋の上り坂をヒロイン岸峰子が走っている場面から幕が開く。この東京マラソンを2時間40分以内で走ったら復帰を認めてやる、との陸上部監督の言葉を思い出し、岸峰子は息も絶え絶えに走っている。そしてここに回想がどんどん挿入されていく。

 3年前、ロンドン・オリンピックの代表に選ばれるまでの岸峰子の苦闘の日々が、手際良くディテールまで回想される。妊娠が分かって代表を辞退するのが全体の3分の1。で、出産後に復帰を目指して今、東京マラソンを走っているわけである。ここからどういうドラマが始まるかは書かない。果たしてヒロインはリオの代表になるのかどうかも紹介しないでおく。感動のラストまで一気読みの面白さであると書くにとどめておきたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

  3. 3

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

  4. 4

    インド株の市中感染を初確認!7月に全国蔓延で五輪は絶望

  5. 5

    小池知事「五輪中止」のタイミング…重なる4年前の都議選

  6. 6

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  7. 7

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  8. 8

    五輪選手らを選手村と会場に“閉じ込める”政府案の浅はかさ

  9. 9

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  10. 10

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

もっと見る

人気キーワード