北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「うそつき、うそつき」清水杜氏彦著

公開日: 更新日:

 嘘のない社会をつくるために全国民に首輪をする義務を課した国の物語だ。なぜ首輪をするのかというと、その首輪にはランプがついていて、嘘をつくとそれが赤く光り、嘘がすぐにばれるからだ。つまり首輪型の嘘発見器である。そういう超管理国家を舞台にした長編だが、主人公は首輪を外す技術を持つ少年フラノ。もちろん非合法だが、首輪を外す理由に納得がいかない場合は仕事を引き受けない。そこで依頼者はフラノに、なぜ自分は首輪を外したいと思っているのか、その理由を話さなければならない。

 本書の見返しから依頼者を拾えば、強盗犯、あざのある少女、詐欺師、不倫妻、非情な医者、優しすぎる継母など、次々にフラノを訪ねてきて、その理由を語りだす。

 この一つ一つの挿話が実に読ませて飽きさせない。人物造形と描写力にすぐれ、実に鮮やかといっていい。奇想あふれる世界を、とても自然に、そして鮮やかに描きだすのだ。その筆力にまず感服する。さらに、それだけでなく、全体の底を大きな謎が流れているから最後まで目が離せない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    菅首相にバイデン“塩対応”…五輪は「開催努力」支持どまり

  4. 4

    松山は偉業達成も…ちょっと残念だった日本語優勝スピーチ

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  7. 7

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  8. 8

    ダウンタウン浜田雅功がアラ還にして成功した"可愛い戦略"

  9. 9

    日米首脳会談“台湾問題”中国激怒で打撃を受けかねない14社

  10. 10

    習近平はヒトラーになるのか 中国の自信はファシズムの萌芽

もっと見る

人気キーワード