• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「健康に長生きしたければ1日1曲歌いなさい」斎藤一郎他著、日本音楽健康協会監修

 カラオケで思いきり歌うとストレス発散になるものだが、近頃では医学的にも、その健康効果が明らかになってきた。

 60歳以上の男女にカラオケで3曲歌ってもらい口腔内の検査をしたところ、歌の好き嫌いにかかわらず、安静時やガムを噛んだ時よりも唾液の分泌量が増えることが分かった。唾液はウイルスや細菌から体を守るだけでなく、唾液に含まれるNGFという神経成長因子の働きで神経細胞の修復が促され、認知症の予防にも役立つといわれている。

 また、歌うことで免疫力が強化されたり、アンチエイジングにもつながるという。これらの効果は、1日たった1曲、ただし毎日歌うことで得られるという。歌の健康効果を高めるための発声方法や、腹筋の鍛え方も紹介していく。(アスコム 1200円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  2. 2

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  3. 3

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  4. 4

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  5. 5

    安倍首相ミエミエ被災地利用 閣僚も国民に“逆ギレ”の末期

  6. 6

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  7. 7

    西村氏の謝罪が火に油 安倍自民“言い訳”に嘘発覚で大炎上

  8. 8

    5000万円疑惑 落ち目の細野豪志氏がすがった“意外な人物”

  9. 9

    文科省の収賄局長が失った 麻布の“億ション”セレブライフ

  10. 10

    防災にどれだけ本気? 安倍政権で「次は東京」という恐怖

もっと見る