「健康に長生きしたければ1日1曲歌いなさい」斎藤一郎他著、日本音楽健康協会監修

公開日: 更新日:

 カラオケで思いきり歌うとストレス発散になるものだが、近頃では医学的にも、その健康効果が明らかになってきた。

 60歳以上の男女にカラオケで3曲歌ってもらい口腔内の検査をしたところ、歌の好き嫌いにかかわらず、安静時やガムを噛んだ時よりも唾液の分泌量が増えることが分かった。唾液はウイルスや細菌から体を守るだけでなく、唾液に含まれるNGFという神経成長因子の働きで神経細胞の修復が促され、認知症の予防にも役立つといわれている。

 また、歌うことで免疫力が強化されたり、アンチエイジングにもつながるという。これらの効果は、1日たった1曲、ただし毎日歌うことで得られるという。歌の健康効果を高めるための発声方法や、腹筋の鍛え方も紹介していく。(アスコム 1200円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  2. 2

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  3. 3

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  4. 4

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  5. 5

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  8. 8

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  9. 9

    今ごろインドを変異株指定…呑気な水際強化が招く次の恐怖

  10. 10

    安倍晋三がなぜ?「菅首相が継続すべき」発言“真の狙い”

もっと見る

人気キーワード