北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「おとめの流儀。」小嶋陽太郎著

公開日:  更新日:

 スポーツ小説は数多いが、なぎなた小説は珍しい。なぎなたの試合のルールについては、たとえば中学生のなぎなたの長さが、2メートル10~25と決められていて、試合は2分間であるなど、さりげなく織り込みながら物語が進んでいくので、何も知らなくても大丈夫だ。

 なぜここで中学生のなぎなたの長さが出てくるかといえば、本書が中学生小説だからである。廃部の危機に直面していたなぎなた部に入部した中学1年のさと子を主人公にした長編なのである。まず、寄せ集めた6人の部員のキャラが立っているのがいいし、公園のベンチにいつも座っている競馬おじさんや、朝子先輩に食って掛かる剣道部のキツネなどの脇役までもが活写されているのもいい。

 なによりもいいのは、このなぎなた部の目標だ。通常のスポーツ小説では、県大会や全国大会などで勝つことを目指していく。クライマックスはそういう試合であることが多い。しかし本書は、そういう大会を目標にしていない。彼らの目標はなんと剣道部を倒すこと。なぎなたと剣道の対決であるから、練習試合にすぎないのに、それが彼らの最大の目標なのだ。この異色の構造がいい。青春小説の佳作として読まれたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  2. 2

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    厚労省にポストと金を握られ…監察委“お手盛り報告”の必然

  9. 9

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  10. 10

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

もっと見る