著者が「忘れられない」という安倍首相の冷たい言葉

公開日: 更新日:

「拉致被害者たちを見殺しにした安倍晋三と冷血な面々」講談社/蓮池透著

「拉致問題を追い風にして総理大臣にまで上り詰めた」安倍晋三に対して、「北朝鮮による拉致被害者家族会」の事務局長だった蓮池透が挑戦状を叩きつけた。

 安倍が拉致問題でがんばったというのは神話であり、被害者のことなど考えていなかったというのである。「忘れえぬ安倍晋三の冷たい言葉」と題して蓮池は書く。

 安倍らが中心となって国会に提出された「拉致被害者支援法」では被害者1人当たり月額約13万円足らず(子どもは3万円)を支給するとあったが、金額が低すぎるという指摘を無視して法案は成立した。

 それで蓮池が、

「国の不作為を問い国家賠償請求訴訟を起こしますよ」

 と安倍を追及すると、安倍は薄ら笑いを浮かべながら、

「蓮池さん、国の不作為を立証するのは大変だよ」

 と答えたという。

 蓮池は「いったいどっちの味方なのか」と怒る。そして、「大変だとしても、そこを動かしてくれるのが政治家というものではないか。あの言葉をいまでも忘れることができない」と続ける。

 蓮池の弟、薫たちが帰国した時、北朝鮮に戻す約束を蹴ったのが安倍だという神話も、蓮池は断固として覆す。蓮池の説得によって薫は戻らないという決断を下したのである。

 それを知って「渋々方針を転換」し、「結果的に尽力するかたちとなった」のが安倍と拉致問題担当相の中山恭子だった。

「あえて強調したい。安倍、中山両氏は弟たちを一度たりとも止めようとはしなかった。止めたのは私なのだ」という蓮池の悲痛な叫びを安倍はまともに受けとめようとはしていない。

 だから、「政治利用」を続ける。2014年の衆議院選挙で安倍は新潟2区で立った自民党の細田健一の応援演説に来た。

 柏崎で開かれたこの演説会に薫が招かれたのだが、多忙を理由に断ると、何と両親が駆り出されたという。そして、蓮池薫さんのご両親が来ておられます、と紹介された。

「結局、安倍さんのダシにされただけだね」

 と母親は嘆いた。安倍を「鉄面皮」と批判した福島瑞穂に対して、自民党は議事録からの削除を要求したが、鉄面皮そのものではないか。

★★半(選者・佐高信)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  8. 8

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  9. 9

    「美味しんぼ」原作者が鼻血問題の騒動後をブログで告発

  10. 10

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

もっと見る