• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「暮らしのなかのボイコット」富山洋子著

 日本消費者連盟顧問が、原発推進政策に反旗を翻し、「市民的不服従」として電力会社と闘い続けてきた日々をつづる。

 1954年、米国の水爆実験によって日本の漁船が被ばくした翌日、政府は原子力開発予算を計上。当時の議員らの発言から、原子炉は核兵器の原料であるプルトニウムを作り出すために開発され、原子力発電は人々の暮らしとはかかわりなく、軍事的・政治的な思惑の下に国家権力と大資本が結びついて推奨されてきたことが明らかだと指摘。その犠牲となって、原発立地地域の風土が失われてきたさまや、現地での反対運動の歴史を丁寧に描く。さらに、リニア新幹線やオール電化住宅など、電気の消費構造に組みこまれる生活に警鐘を鳴らし、自然エネルギー活用の実例を紹介する。(現代書館 2000円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る