「暮らしのなかのボイコット」富山洋子著

公開日:

 日本消費者連盟顧問が、原発推進政策に反旗を翻し、「市民的不服従」として電力会社と闘い続けてきた日々をつづる。

 1954年、米国の水爆実験によって日本の漁船が被ばくした翌日、政府は原子力開発予算を計上。当時の議員らの発言から、原子炉は核兵器の原料であるプルトニウムを作り出すために開発され、原子力発電は人々の暮らしとはかかわりなく、軍事的・政治的な思惑の下に国家権力と大資本が結びついて推奨されてきたことが明らかだと指摘。その犠牲となって、原発立地地域の風土が失われてきたさまや、現地での反対運動の歴史を丁寧に描く。さらに、リニア新幹線やオール電化住宅など、電気の消費構造に組みこまれる生活に警鐘を鳴らし、自然エネルギー活用の実例を紹介する。(現代書館 2000円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る