「外科医の腕は 何で決まるのか」羽鳥隆著

公開日:

 このところ、「手術をすると寿命が縮まる」「手術なんて受けない方がいい」といった誤った情報に惑わされ、手術を否定的に考える人もいる。世間にはびこるそんな誤解を、国際医療福祉大学三田病院教授で、肝・胆・膵(肝臓・胆道・膵臓)を専門にする外科医が解いていく。

 著者が考える「名医」とは、「自分や自分の家族ががんになったとき、安心して手術を任せられる人、任せてダメでも諦めがつく人」だという。そういう医者は、患者の側に立った治療を行っていて、自分の手術件数を増やすために無理に手術はしない。

 また、「病気の見立てが正確」で、検査画像を的確に読み込み、がんがどこまで広がっているか、手術が可能か、どういう手術をすればいいかをきちんと診断できる。そして、病態に応じたいろいろな手術のやり方を熟知していて、なおかつ実際に手術ができる。患者に備わっている自然の治癒力を引き出すサポート=適切な治療に徹することができる。

 こうしたポイントをクリアできる医師が名医だという。腕のいい外科医に出会うために覚えておきたい知識が詰まった一冊だ。(幻冬舎 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  10. 10

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

もっと見る