「外科医の腕は 何で決まるのか」羽鳥隆著

公開日: 更新日:

 このところ、「手術をすると寿命が縮まる」「手術なんて受けない方がいい」といった誤った情報に惑わされ、手術を否定的に考える人もいる。世間にはびこるそんな誤解を、国際医療福祉大学三田病院教授で、肝・胆・膵(肝臓・胆道・膵臓)を専門にする外科医が解いていく。

 著者が考える「名医」とは、「自分や自分の家族ががんになったとき、安心して手術を任せられる人、任せてダメでも諦めがつく人」だという。そういう医者は、患者の側に立った治療を行っていて、自分の手術件数を増やすために無理に手術はしない。

 また、「病気の見立てが正確」で、検査画像を的確に読み込み、がんがどこまで広がっているか、手術が可能か、どういう手術をすればいいかをきちんと診断できる。そして、病態に応じたいろいろな手術のやり方を熟知していて、なおかつ実際に手術ができる。患者に備わっている自然の治癒力を引き出すサポート=適切な治療に徹することができる。

 こうしたポイントをクリアできる医師が名医だという。腕のいい外科医に出会うために覚えておきたい知識が詰まった一冊だ。(幻冬舎 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  2. 2

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  3. 3

    青木会長も力不足 男子ツアーV賞金は1000万円でも高すぎる

  4. 4

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  5. 5

    近藤真彦「退所」は“戦力外通告” 芸能活動継続には暗雲が

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    竹野内豊「イチケイのカラス」の成功に悲恋…続編期待の声

  8. 8

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  9. 9

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  10. 10

    どうする渋野 来季米ツアー切符「3つの方法」はすべて難関

もっと見る

人気キーワード