「米、麵、魚の国から」マット・グールディング著、羽田詩津子訳

公開日: 更新日:

 世界中を旅して暮らしてきた著者は、東京でたった一杯のコーヒーに時間と集中力と情熱を傾ける男に出会った。日本の食文化を職人が支えていることを知って、著者は職人がやっている店を選ぶようになる。

 例えば、大阪の〈電撃ホルモン ツギヱ〉。椅子のない立ち飲みの店だ。著者はごま油とネギで和えた、生でぬるぬるしているセンマイから始める。

 続いてバラ色の脇腹肉のステーキとカルビ、ゆずこしょうを添えた細切りの生のハツ……。昼間はたばこ屋、夜はイタリア居酒屋の〈(食)ましか〉では大根おろしとサンマのタタキがのったスパゲティ。

 ダイエットの決心など吹っ飛んでしまう食べ歩き本。

(扶桑社 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  2. 2

    反乱なのか 安倍首相“側近議員”がアベノミクスの成果否定

  3. 3

    吉本興業と安倍政権は蜜月 官民ファンド100億円出資の行方

  4. 4

    「安倍さんは信用できない」拉致被害者家族の悲痛な叫び

  5. 5

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  6. 6

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  7. 7

    民間会社員と年金額で差 公務員はなぜ恵まれているのか?

  8. 8

    トヨタはモデル平均21万円 大企業の「企業年金」いくら?

  9. 9

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  10. 10

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る