「米、麵、魚の国から」マット・グールディング著、羽田詩津子訳

公開日: 更新日:

 世界中を旅して暮らしてきた著者は、東京でたった一杯のコーヒーに時間と集中力と情熱を傾ける男に出会った。日本の食文化を職人が支えていることを知って、著者は職人がやっている店を選ぶようになる。

 例えば、大阪の〈電撃ホルモン ツギヱ〉。椅子のない立ち飲みの店だ。著者はごま油とネギで和えた、生でぬるぬるしているセンマイから始める。

 続いてバラ色の脇腹肉のステーキとカルビ、ゆずこしょうを添えた細切りの生のハツ……。昼間はたばこ屋、夜はイタリア居酒屋の〈(食)ましか〉では大根おろしとサンマのタタキがのったスパゲティ。

 ダイエットの決心など吹っ飛んでしまう食べ歩き本。

(扶桑社 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  4. 4

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  5. 5

    上沼恵美子は「そうそう」と笑顔の次の瞬間「黙っとれ!」

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    小池知事が安倍政権にケンカ売る「Go To」狙い撃ちの計算

  8. 7

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  9. 8

    懲りない黒木瞳 まさかの映画監督2作目で名誉挽回なるか

  10. 9

    元ヤン木下優樹菜の更生を“全方位”で支える藤本の献身ぶり

  11. 10

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

もっと見る