日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「米、麵、魚の国から」マット・グールディング著、羽田詩津子訳

 世界中を旅して暮らしてきた著者は、東京でたった一杯のコーヒーに時間と集中力と情熱を傾ける男に出会った。日本の食文化を職人が支えていることを知って、著者は職人がやっている店を選ぶようになる。

 例えば、大阪の〈電撃ホルモン ツギヱ〉。椅子のない立ち飲みの店だ。著者はごま油とネギで和えた、生でぬるぬるしているセンマイから始める。

 続いてバラ色の脇腹肉のステーキとカルビ、ゆずこしょうを添えた細切りの生のハツ……。昼間はたばこ屋、夜はイタリア居酒屋の〈(食)ましか〉では大根おろしとサンマのタタキがのったスパゲティ。

 ダイエットの決心など吹っ飛んでしまう食べ歩き本。

(扶桑社 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事