• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「コンピュータが小説を書く日」佐藤理史著

 囲碁プロ棋士との対局や東大受験などで昨今注目を集めている人工知能(AI)。昨年3月に開かれた「星新一賞への応募報告会」では、コンピューターを利用して作成されたショートショートが1次選考を通過したことが報告された。AI小説家とマスコミが色めき立つなか、当の研究者はその期待と誤解に戸惑う。本書は、コンピューターによる文章生成を研究していたグループが、星新一賞への応募を目指して試行錯誤した経緯と、現時点での成果を明かしたリポートだ。

 今回の応募作は「世界構築(時間と空間と人物とイベントの設定)」「テキストプラン(どの要素をどの順番で登場させるか)」「テキスト生成(どう語るか)」の組み合わせで小説ができるという構想の下で作られた人間とコンピューターの合作であるため、AI作家の誕生とは言い難い状況だと著者はいう。

 だが、パターンが存在する新聞記事やメール、天気概況等なら自動生成が容易だと指摘している点は興味深い。(日本経済新聞出版社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  3. 3

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  6. 6

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  7. 7

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    サザン桑田が涙を流して「RCに負けた」と語った札幌の夜

  10. 10

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

もっと見る