フクシマから6年 政権が亡きものに葬ろうとする“あの記憶”

公開日: 更新日:

「フクシマ6年後消されゆく被害」日野行介、尾松亮著

 本書の副題に「歪められたチェルノブイリ・データ」とある。実は福島第1原発事故以来、甲状腺がんが多発している。ところがわが国の政府関係者らは、唯一の先行例といってよいチェルノブイリのデータを歪曲し、幕引きを図っている。

 そこで立ち上がったのが、新聞記者と災害研究者からなる著者2人。日本ではしばしば「チェルノブイリと比べると」が決まり文句になり、チェルノブイリより被ばく線量が少ない、チェルノブイリより甲状腺がんの発症率は低い、などといわれる。因果関係を否定する材料にチェルノブイリが使われているわけだ。

 ところが肝心のこのデータが、実はしばしば歪められ、自分たちに都合のよいところだけを抜き取ったり、都合の悪いところを隠したりしているという。「被ばく線量がはるかに小さい」という報告が「総じて小さい」と言い換えられるなどは日常茶飯。そんな細部を見落とさない著者はどちらも70年代生まれの頼もしいアラフォー世代。(人文書院 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  3. 3

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  4. 4

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  5. 5

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  6. 6

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  7. 7

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  8. 8

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  9. 9

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

  10. 10

    清宮&輝星采配で炎上 栗山監督の求心力低下が止まらない

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る