フクシマから6年 政権が亡きものに葬ろうとする“あの記憶”

公開日: 更新日:

「フクシマ6年後消されゆく被害」日野行介、尾松亮著

 本書の副題に「歪められたチェルノブイリ・データ」とある。実は福島第1原発事故以来、甲状腺がんが多発している。ところがわが国の政府関係者らは、唯一の先行例といってよいチェルノブイリのデータを歪曲し、幕引きを図っている。

 そこで立ち上がったのが、新聞記者と災害研究者からなる著者2人。日本ではしばしば「チェルノブイリと比べると」が決まり文句になり、チェルノブイリより被ばく線量が少ない、チェルノブイリより甲状腺がんの発症率は低い、などといわれる。因果関係を否定する材料にチェルノブイリが使われているわけだ。

 ところが肝心のこのデータが、実はしばしば歪められ、自分たちに都合のよいところだけを抜き取ったり、都合の悪いところを隠したりしているという。「被ばく線量がはるかに小さい」という報告が「総じて小さい」と言い換えられるなどは日常茶飯。そんな細部を見落とさない著者はどちらも70年代生まれの頼もしいアラフォー世代。(人文書院 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  2. 2

    韓国人の予感が的中…誰も驚かなかった日本のコロナ拡大

  3. 3

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    GoTo足かせで宿泊施設増えず…コロナ隔離難民であふれ返る

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    加藤厚労相“指揮権放棄” コロナ禍から逃げまくり表に出ず

  8. 8

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  9. 9

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  10. 10

    保坂展人・世田谷区長に聞く PCR検査を独自拡大する狙い

もっと見る