「正しく怖がる感染症」岡田晴恵著

公開日:  更新日:

 グローバル化や旅行者の増加によってリスクが高まる感染症の正しい知識を伝えるハンドブック。

 感染症の予防や、拡大防止の対策は、病気を起こす微生物によってそれぞれ異なる。

 まずは、昆虫が媒介する感染症について解説。蚊が媒介する感染症によって、世界では年間72万人以上が命を奪われているという。14年に国内で感染・伝播が起きたデング熱も、温暖化によって、日本でますます問題化してくることが想定される。だが、効率的な治療薬や使用できる予防ワクチンがなく、対策は蚊に刺されないようにするという状況だという。

 その他、20代に激増している梅毒など、接触することでうつる感染症や母子感染で重篤化する感染症など、経路別に正しい知識を伝授。(筑摩書房 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る