「正しく怖がる感染症」岡田晴恵著

公開日:  更新日:

 グローバル化や旅行者の増加によってリスクが高まる感染症の正しい知識を伝えるハンドブック。

 感染症の予防や、拡大防止の対策は、病気を起こす微生物によってそれぞれ異なる。

 まずは、昆虫が媒介する感染症について解説。蚊が媒介する感染症によって、世界では年間72万人以上が命を奪われているという。14年に国内で感染・伝播が起きたデング熱も、温暖化によって、日本でますます問題化してくることが想定される。だが、効率的な治療薬や使用できる予防ワクチンがなく、対策は蚊に刺されないようにするという状況だという。

 その他、20代に激増している梅毒など、接触することでうつる感染症や母子感染で重篤化する感染症など、経路別に正しい知識を伝授。(筑摩書房 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る