「正しく怖がる感染症」岡田晴恵著

公開日: 更新日:

 グローバル化や旅行者の増加によってリスクが高まる感染症の正しい知識を伝えるハンドブック。

 感染症の予防や、拡大防止の対策は、病気を起こす微生物によってそれぞれ異なる。

 まずは、昆虫が媒介する感染症について解説。蚊が媒介する感染症によって、世界では年間72万人以上が命を奪われているという。14年に国内で感染・伝播が起きたデング熱も、温暖化によって、日本でますます問題化してくることが想定される。だが、効率的な治療薬や使用できる予防ワクチンがなく、対策は蚊に刺されないようにするという状況だという。

 その他、20代に激増している梅毒など、接触することでうつる感染症や母子感染で重篤化する感染症など、経路別に正しい知識を伝授。(筑摩書房 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  6. 6

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  7. 7

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

  10. 10

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

もっと見る