「安全保障は感情で動く」潮匡人著

公開日: 更新日:

 英国のEU離脱やトランプ米大統領誕生に見られるように、「反グローバリズム」や「反エスタブリッシュメント」「ポピュリズム」と呼ばれる感情的な要素が安全保障の不安定要因となっている――と指摘する著者が、互いに挑発を繰り返すトランプ大統領と北朝鮮の金正恩委員長の心の内を読み解きながら、朝鮮半島危機を解説する国際関係リポート。

 トランプ政権が生まれた背景を分析し、政権誕生後のトランプ大統領の講演やツイートを読み解きながら、世界にとって米国こそが、安全保障上の最大の懸念になっていると指摘。

 一方、ミサイル技術に関する部下の報告をうのみにした金委員長が、米国に対する戦略的抑止力を確保したと過信・誤認した可能性が高く、新たな大戦に向かう世界の危機を直視する。(文藝春秋 830円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  2. 2

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  3. 3

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  4. 4

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  5. 5

    緊急事態延長で深まる親子の溝 東出昌大と重なる父の苦悩

  6. 6

    “満身創痍”ジャニーズ限定ユニットTwenty★Twentyの行く末

  7. 7

    Go To Travel“外国人も半額”デマ拡散…大慌て火消しの顛末

  8. 8

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  9. 9

    松本穂香の出演は2年で10本!唐田えりかの“敵失”で急浮上

  10. 10

    日立は在宅勤務に舵 アフターコロナのサラリーマン生活

もっと見る