「安全保障は感情で動く」潮匡人著

公開日:  更新日:

 英国のEU離脱やトランプ米大統領誕生に見られるように、「反グローバリズム」や「反エスタブリッシュメント」「ポピュリズム」と呼ばれる感情的な要素が安全保障の不安定要因となっている――と指摘する著者が、互いに挑発を繰り返すトランプ大統領と北朝鮮の金正恩委員長の心の内を読み解きながら、朝鮮半島危機を解説する国際関係リポート。

 トランプ政権が生まれた背景を分析し、政権誕生後のトランプ大統領の講演やツイートを読み解きながら、世界にとって米国こそが、安全保障上の最大の懸念になっていると指摘。

 一方、ミサイル技術に関する部下の報告をうのみにした金委員長が、米国に対する戦略的抑止力を確保したと過信・誤認した可能性が高く、新たな大戦に向かう世界の危機を直視する。(文藝春秋 830円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る