「安全保障は感情で動く」潮匡人著

公開日: 更新日:

 英国のEU離脱やトランプ米大統領誕生に見られるように、「反グローバリズム」や「反エスタブリッシュメント」「ポピュリズム」と呼ばれる感情的な要素が安全保障の不安定要因となっている――と指摘する著者が、互いに挑発を繰り返すトランプ大統領と北朝鮮の金正恩委員長の心の内を読み解きながら、朝鮮半島危機を解説する国際関係リポート。

 トランプ政権が生まれた背景を分析し、政権誕生後のトランプ大統領の講演やツイートを読み解きながら、世界にとって米国こそが、安全保障上の最大の懸念になっていると指摘。

 一方、ミサイル技術に関する部下の報告をうのみにした金委員長が、米国に対する戦略的抑止力を確保したと過信・誤認した可能性が高く、新たな大戦に向かう世界の危機を直視する。(文藝春秋 830円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野の広島移籍はFA補強の犠牲というよりまさに“栄転”だ

  2. 2

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  3. 3

    高卒で異例の一軍帯同 広島小園をコーチ先輩“絶賛”の理由

  4. 4

    踏んだり蹴ったりZOZO前澤社長 “100億円豪邸”も建設中断か

  5. 5

    安倍首相は「自己愛型」か 9年前の動画“炎上”で識者が分析

  6. 6

    巨人・原監督に聞いた 指導未経験者を登用した真意

  7. 7

    自民に衝撃 参院選1人区「13勝19敗」予想で“W選”案急浮上

  8. 8

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  9. 9

    広島・涼介が明かす “長野効果”と歓迎会での珍エピソード

  10. 10

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

もっと見る