「短編少年」集英社文庫編集部編、朝井リョウほか著

公開日: 更新日:

 会社員の加賀は、ある日、テレビでプロ野球中継を見ながら、小学校6年のときの一連の出来事を思い出す。

 テストの時間、転校生の安斎から渡されたカンニングペーパーを隣席の草壁に渡すのが加賀の役割だった。打ち合わせ通り、佐久間が担任の久留米に質問をしたため、紙切れは無事、草壁に渡った。事の発端は、かつて久留米がピンクのセーターを着てきた草壁を「女みたい」と評したと安斎が耳にしたからだ。安斎は、日頃から草壁を見下したように扱う久留米の認識を改めさせようと、加賀や佐久間を巻き込み、カンニングの他にも次々と作戦を敢行する。(伊坂幸太郎著「逆ソクラテス」)

 人気作家9人が少年をテーマに競演するぜいたくなアンソロジー。(集英社 620円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    工藤静香はいい迷惑?渡辺美奈代に絶賛コメント急増のウラ

  3. 3

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  4. 4

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  5. 5

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  6. 6

    「山崎55年」は300万円 ウイスキー資産価値が高騰の可能性

  7. 7

    安倍官邸が移行急ぐ「9月入学」レガシーづくりの悪あがき

  8. 8

    黒川氏「訓告」は官邸意向 退職金6700万円は“口止め料”か

  9. 9

    検察は結局、黒川氏のスキャンダルを利用して独立を守った

  10. 10

    阪神藤浪に復活の予感 “自虐メール”にメンタル成長の片鱗

もっと見る