「短編少年」集英社文庫編集部編、朝井リョウほか著

公開日:

 会社員の加賀は、ある日、テレビでプロ野球中継を見ながら、小学校6年のときの一連の出来事を思い出す。

 テストの時間、転校生の安斎から渡されたカンニングペーパーを隣席の草壁に渡すのが加賀の役割だった。打ち合わせ通り、佐久間が担任の久留米に質問をしたため、紙切れは無事、草壁に渡った。事の発端は、かつて久留米がピンクのセーターを着てきた草壁を「女みたい」と評したと安斎が耳にしたからだ。安斎は、日頃から草壁を見下したように扱う久留米の認識を改めさせようと、加賀や佐久間を巻き込み、カンニングの他にも次々と作戦を敢行する。(伊坂幸太郎著「逆ソクラテス」)

 人気作家9人が少年をテーマに競演するぜいたくなアンソロジー。(集英社 620円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  5. 5

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  6. 6

    試行錯誤を経てたどり着いた「バントは時間稼ぎ」の極意

  7. 7

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  8. 8

    売り出し価格1500円 ソフトバンク株は買いか専門家に聞く

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    移民法、水道民営化…2つの悪法に共通する“竹中平蔵利権”

もっと見る