「短編少年」集英社文庫編集部編、朝井リョウほか著

公開日: 更新日:

 会社員の加賀は、ある日、テレビでプロ野球中継を見ながら、小学校6年のときの一連の出来事を思い出す。

 テストの時間、転校生の安斎から渡されたカンニングペーパーを隣席の草壁に渡すのが加賀の役割だった。打ち合わせ通り、佐久間が担任の久留米に質問をしたため、紙切れは無事、草壁に渡った。事の発端は、かつて久留米がピンクのセーターを着てきた草壁を「女みたい」と評したと安斎が耳にしたからだ。安斎は、日頃から草壁を見下したように扱う久留米の認識を改めさせようと、加賀や佐久間を巻き込み、カンニングの他にも次々と作戦を敢行する。(伊坂幸太郎著「逆ソクラテス」)

 人気作家9人が少年をテーマに競演するぜいたくなアンソロジー。(集英社 620円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    2018年はTV出演たった4本…ゆるキャラ「ふなっしー」は今

  3. 3

    18年入社組でピカイチ TBS宇賀神メグアナの意外な特技

  4. 4

    フジ「QUEEN」は苦戦中 竹内結子に課せられた“ウラの使命”

  5. 5

    官邸の暗躍と官僚の忖度…諸悪の起点は2015年になぜ集中

  6. 6

    フジ反町理アナは“質問係のおじさん” MCよりご意見番向き

  7. 7

    生存者を無視 拉致被害者家族も見限る安倍首相の“二枚舌”

  8. 8

    米倉涼子「シカゴ」で夏不在でも "視聴率女王"安泰のワケ

  9. 9

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  10. 10

    最高月収1200万円…オネエタレントの山咲トオルさんは今

もっと見る