• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「シモネッタのどこまでいっても男と女」田丸公美子著

 イタリア語会議通訳の著者が、家族を俎上(そじょう)に載せ男女の機微についてつづったエッセー集。

 まずは、これまで秘してきた夫とのなれそめを開陳。その理由は暑かったからだという。15歳も年上でバツイチの夫は、大学卒業後にビジネスレターの翻訳に週1回通っていた会社の上司だった。夏、暑さで体を壊した著者を見舞い、病院に連れていってくれた彼は、風呂もクーラーもない部屋に帰すのをちゅうちょしたのか、そのまま自宅マンションにお持ち帰り。1週間後、クーラーなしで生きていけなくなった著者は、以後、彼の部屋を避暑地にするようになったという。

 結婚後の夫の破天荒な暮らしぶり、自らの恋愛遍歴、そして波瀾万丈の父母の人生など、軽快なタッチでつづる爆笑家族情話。(講談社 640円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る