「トップリーグ」相葉英雄著

公開日:

 松岡は大和新聞に入社して15年目の記者。経済畑を歩んできたが、政治部への異動を命じられる。慣れぬ政治部だが、なぜか政権の中枢である阪官房長官に気に入られ、官房長官番という大役に就くことに。

 また松岡と同期で政治部の将来のエースと目されていた酒井は、あるトラブルのため退社し、現在はスキャンダルの暴露で有名な週刊誌の記者。東京湾の埋め立て地で1億5000万円の現金が入った金庫が掘り出されたことを知った酒井は、取材を進めるうちに、その金がかつて首相の逮捕にまで至った収賄疑獄のクライスター事件に関係することを突き止める。その真相を暴けば現政権が崩壊するのは必至。それと同時に酒井の身辺に不穏な動きが出始める。

 一方松岡は、与党幹部に食い込んだ一部の記者のみが所属するトップリーグの一員となるが、異例の抜擢の裏に酒井の調べている事件と関連があることを知る。

 政界の深い闇に入り込んだ2人の記者の矜持と葛藤を描き、永田町を席巻する権謀術数の世界に迫る問題作。

(角川春樹事務所 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

もっと見る