• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ノースロッピーズの逆襲」内藤真郎著

 裏原宿商店街の北の外れには、着ぐるみをまとっている2頭身のノースロッピーズが住んでいる。

 彼らが営む4つの店しかないノースロッピーズ商店街は客足が激減して、活性化のためにイカスミで作った「タコのうんち」などを売りだしてヒットしたこともあるが、ブームはすぐに終わってしまった。

 ここでは時にサイレンが鳴りだし、突然、カーニバルが始まる。ルーレットが回り始めると、その間中、踊り続けなくてはならないのだ。ある時、なぜか「着ぐるみブーム」が起こり、着ぐるみの値段が高騰して、彼らの着ぐるみに税金がかかることになって大慌て。(「表題作」)

 奇妙奇天烈な世界を描く短編集。

(パレード 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事