• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ノースロッピーズの逆襲」内藤真郎著

 裏原宿商店街の北の外れには、着ぐるみをまとっている2頭身のノースロッピーズが住んでいる。

 彼らが営む4つの店しかないノースロッピーズ商店街は客足が激減して、活性化のためにイカスミで作った「タコのうんち」などを売りだしてヒットしたこともあるが、ブームはすぐに終わってしまった。

 ここでは時にサイレンが鳴りだし、突然、カーニバルが始まる。ルーレットが回り始めると、その間中、踊り続けなくてはならないのだ。ある時、なぜか「着ぐるみブーム」が起こり、着ぐるみの値段が高騰して、彼らの着ぐるみに税金がかかることになって大慌て。(「表題作」)

 奇妙奇天烈な世界を描く短編集。

(パレード 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  4. 4

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  5. 5

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  6. 6

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  7. 7

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  8. 8

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

  9. 9

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  10. 10

    指揮官との面談拒否し窮地 Gゲレーロはオフにトレードか

もっと見る