「ノースロッピーズの逆襲」内藤真郎著

公開日: 更新日:

 裏原宿商店街の北の外れには、着ぐるみをまとっている2頭身のノースロッピーズが住んでいる。

 彼らが営む4つの店しかないノースロッピーズ商店街は客足が激減して、活性化のためにイカスミで作った「タコのうんち」などを売りだしてヒットしたこともあるが、ブームはすぐに終わってしまった。

 ここでは時にサイレンが鳴りだし、突然、カーニバルが始まる。ルーレットが回り始めると、その間中、踊り続けなくてはならないのだ。ある時、なぜか「着ぐるみブーム」が起こり、着ぐるみの値段が高騰して、彼らの着ぐるみに税金がかかることになって大慌て。(「表題作」)

 奇妙奇天烈な世界を描く短編集。

(パレード 1200円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  3. 3

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  4. 4

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  5. 5

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  6. 6

    真の経済効果は28兆円 空前絶後の閉店招く粉飾コロナ対策

  7. 7

    筧美和子は女優に転身…打ち切り「テラハ」元住人の現在地

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  10. 10

    大原則 政治家も宗教家も「政教分離」意味を知らないのか

もっと見る