「咲き定まりて」清野恵里子著

公開日: 更新日:

 来年は市川雷蔵没後50年。いまだに多くの人々を魅了し続けている映画スターは希少だ。23歳で映画界入りして37歳の早すぎる死までの15年間に150本以上の作品に出演した雷蔵の軌跡は、まさに日本映画の黄金期の終焉を告げる一閃の光芒といえる。

 本書は、雷蔵が出演した作品の中から、デビュー2年目の「新・平家物語」から亡くなる前年の「ひとり狼」までの28作品を選び、内容を紹介しながら、その時々に雷蔵がどのように役づくりをしてきたのか、プログラムピクチャーという制約の中で自分の望む作品を実現していくしたたかさぶりなども紹介されている。着物に関する本を多くものしている著者だけに、映画に登場する衣装や美術に関しては詳細をきわめ、本書の読みどころのひとつ。

「眠狂四郎」や「忍びの者」の剣豪ものの印象が強い雷蔵だが、三島由紀夫の「金閣寺」をもとにした「炎上」や井原西鶴の「好色一代男」などで見せる顔はスターではなく名役者のもので、従来のイメージをいい意味で覆してくれる。

(集英社インターナショナル 2400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  5. 5

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  6. 6

    ジャパンライフに一斉捜査 安倍首相“広告塔”の動かぬ証拠

  7. 7

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  8. 8

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  9. 9

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  10. 10

    理事長は怒り心頭 横綱白鵬「三本締め」けん責処分の意味

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る