「咲き定まりて」清野恵里子著

公開日: 更新日:

 来年は市川雷蔵没後50年。いまだに多くの人々を魅了し続けている映画スターは希少だ。23歳で映画界入りして37歳の早すぎる死までの15年間に150本以上の作品に出演した雷蔵の軌跡は、まさに日本映画の黄金期の終焉を告げる一閃の光芒といえる。

 本書は、雷蔵が出演した作品の中から、デビュー2年目の「新・平家物語」から亡くなる前年の「ひとり狼」までの28作品を選び、内容を紹介しながら、その時々に雷蔵がどのように役づくりをしてきたのか、プログラムピクチャーという制約の中で自分の望む作品を実現していくしたたかさぶりなども紹介されている。着物に関する本を多くものしている著者だけに、映画に登場する衣装や美術に関しては詳細をきわめ、本書の読みどころのひとつ。

「眠狂四郎」や「忍びの者」の剣豪ものの印象が強い雷蔵だが、三島由紀夫の「金閣寺」をもとにした「炎上」や井原西鶴の「好色一代男」などで見せる顔はスターではなく名役者のもので、従来のイメージをいい意味で覆してくれる。

(集英社インターナショナル 2400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    LiSAの夫・鈴木達央が一部活動を休止 鈴木の不倫報道でアニメファンが「最も許せなかったこと」

  2. 2

    五輪アスリートに評判上々の選手村食堂 受託先が「50年1社独占」のナゾ

  3. 3

    和久田麻由子vs桑子真帆 NHK五輪アナの「紅白」司会争奪戦の熾烈

  4. 4

    東京都の協力金先払いに飲食業者から怨嗟の声!「一律112万円」などスズメの涙

  5. 5

    巨人が五輪のウラで新助っ人獲得画策 前レッズ3Aのハイネメン加入が決定的

  6. 6

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  7. 7

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  8. 8

    “ハマのドン”藤木幸夫氏が横浜市長選めぐる質問に謎の大放言!海外プレスもア然

  9. 9

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  10. 10

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

もっと見る

人気キーワード