「咲き定まりて」清野恵里子著

公開日: 更新日:

 来年は市川雷蔵没後50年。いまだに多くの人々を魅了し続けている映画スターは希少だ。23歳で映画界入りして37歳の早すぎる死までの15年間に150本以上の作品に出演した雷蔵の軌跡は、まさに日本映画の黄金期の終焉を告げる一閃の光芒といえる。

 本書は、雷蔵が出演した作品の中から、デビュー2年目の「新・平家物語」から亡くなる前年の「ひとり狼」までの28作品を選び、内容を紹介しながら、その時々に雷蔵がどのように役づくりをしてきたのか、プログラムピクチャーという制約の中で自分の望む作品を実現していくしたたかさぶりなども紹介されている。着物に関する本を多くものしている著者だけに、映画に登場する衣装や美術に関しては詳細をきわめ、本書の読みどころのひとつ。

「眠狂四郎」や「忍びの者」の剣豪ものの印象が強い雷蔵だが、三島由紀夫の「金閣寺」をもとにした「炎上」や井原西鶴の「好色一代男」などで見せる顔はスターではなく名役者のもので、従来のイメージをいい意味で覆してくれる。

(集英社インターナショナル 2400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  7. 7

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  8. 8

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  9. 9

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  10. 10

    マック鈴木さん 手探りのマイナーからデビューまでを語る

もっと見る