「世界の良心」チョムスキーの現代アメリカへの批判

公開日: 更新日:

「アメリカンドリームの終わり」ノーム・チョムスキー著 寺島隆吉、寺島美紀子訳/ディスカヴァー・トゥエンティワン 1800円+税

 ノーム・チョムスキーといえば、変形生成文法理論を提唱した言語学者であり、反戦運動や市民運動に積極的にかかわる先鋭的な思想家としても知られている。

 また第2次安倍内閣発足後半年の時点で、安倍晋三をウルトラナショナリストと断じ、その政権の危険性をいち早く指摘したことでも話題になった。そのチョムスキーも89歳だが、本書にはそのかくしゃくぶりが遺憾なく発揮されている。

 本書の一部は、チョムスキーへのインタビューによるドキュメンタリー映画「アメリカン・ドリームへのレクイエム」として2015年に公開されているが、本書はそれを基に再構成したもの。ごく限られた層に富と権力が集中している現代アメリカへ向けての批判であり、政治、経済、教育、環境問題といった広範囲の問題について歯に衣着せぬ鋭い舌鋒で語られている。

 そこには、「貧乏な家に生まれても刻苦勉励すれば豊かになる」という「アメリカンドリーム」を失ってしまった祖国への深い憂いと、民主主義を踏みにじるような政策を次々に繰り出している歴代政権とその後ろ盾となっているエスタブリッシュメント層に対する強い憤りがある。

 無論、これは対岸の火事ではなく、トランプ政権にすり寄っている日本も同様の危機を抱えているのであり、チョムスキーの批判の矢はそのまま日本にも突き刺さってくる。

 といっても、ここでチョムスキーが語っていることは決して過激でも偏向しているわけでもない。働く者がきちんと賃金を得ることができ、自由にものを言え、環境破壊を押しとどめるような世の中にしようという、極めてまっとうなことを言っているだけだ。それを痛烈と感じてしまうのは、ひとえに、こうしたまともなことを言う知識人が少なくなっているからにほかならない。チョムスキーが「世界の良心」と評されるゆえんである。

<狸>

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  3. 3

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  4. 4

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  5. 5

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  6. 6

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  7. 7

    小池都知事“地元のお友達”豊島区優遇で新宿区長がブチ切れ

  8. 8

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  9. 9

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  10. 10

    平野&中島「未満警察」もはやコメディー 敗因は幼い脚本

もっと見る