現代にもつながる縄文ネットワークの広がりを検証

公開日: 更新日:

「縄文の思想」瀬川拓郎著/講談社 840円+税

 いち早く縄文文化の特異性を指摘したのは岡本太郎だったが、以来、何度かの“縄文ブーム”といわれる縄文文化への関心が高まった時期があり、近年ふたたびその兆しがあるという。とはいえ、ひと口に縄文といっても、そのイメージは茫洋としている。にもかかわらず、なぜわれわれは縄文への憧憬を抱くのか?

 そんな疑問に答えてくれるのが本書である。著者は考古学の成果と神話・伝説の分析を通して、「縄文人の生き方を律した思想、あるいはかれらの他界観や世界観といった、生々しい観念の世界へ」分け入っていく。

 その際に指標となるのは海の生業を主とする「海民」である。北海道から南島にかけて列島の海辺に住む人びとは、弥生時代から古墳時代(一部は現代)まで、縄文人の形質的特徴を色濃くとどめ、縄文の文化や形質を保ってきた。彼らが築き上げた「縄文ネットワーク」は予想以上に広範・多岐にわたる。その証左となるのは、アイヌの神話・伝説の中に古代海民の神話・伝説と共通のモチーフがあり、それはまた記紀神話にも取り入れられていることだ。

 それらを検証した上で著者が抽出した縄文の思想とは、「商品交換への強い違和感、贈与への執着、分配を通じた平等、強制や圧力の拒否、他者や土地とのゆるやかなつながり、中心性を排除した合意形成、外部に対する強い暴力性」。要するに、農耕と商品経済を基盤に定住する常民とは価値観を異にするものだ。その思想は、大陸から渡来した弥生文化に駆逐されつつも周縁に生きる場を求め、芸能、占いなどの分野で技能を生かした「まれびと」たちに連綿と受け継がれていった。

 なるほど。国家の圧力が強まり、強固な資本主義経済の網の目にからめ捕られて息苦しくなりつつある今だからこそ、縄文への憧憬がふたたび立ち上がってくるのだろう。
〈狸〉

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    老後資金は夫婦で1600万円…必要額2800万円に届かず不安

  4. 4

    西村まさ彦“円満離婚”は大ウソ…乳がん患う妻に強要の冷酷

  5. 5

    急なトイレのピンチ…少女を救った大学生2人に拍手喝采!

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  8. 7

    異臭の次は房総半島の揺れ…首都直下地震“接近”の状況証拠

  9. 8

    カギは山本太郎票 IOCが気がかりな東京都知事選の「数字」

  10. 9

    小池都知事“馬耳東風”…ネット討論会が映さなかった本性

  11. 10

    相次ぐ教師の陽性…小池知事は市中感染拡大も見て見ぬふり

もっと見る