「死の島」小池真理子著

公開日: 更新日:

 編集者だった澤登志夫は69歳。腎臓がんの宣告を受け、カルチャースクールの講師を辞める。最後の授業の後、小説のクラスの受講生だった宮島樹里に声をかけられた。澤にほめられた樹里の短編「抹殺」は、実は彼女の幼時の体験に基づくという。それは夫に見向きもされない母の寝室を祖父が訪れるという衝撃的な内容だった。そして樹里の住まいは澤の住まいに近いことを知った。

 2日後、澤はかつての不倫相手の妹から、姉が亡くなり、「ベックリーン 死の島」という画集を澤に残したと伝えられた。その後、澤はしゃれたボールペンをもらった礼を口実に、樹里にメールを送る。26歳の女と出会った、初老の男の末期の覚悟を描く。

(文藝春秋 1700円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    山口真帆は“手打ち”で出演 NGT48千秋楽公演は大荒れ必至?

  3. 3

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  4. 4

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  5. 5

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  6. 6

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  7. 7

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  8. 8

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  9. 9

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  10. 10

    中日・根尾は大学を経てからのプロ入りでもよかったのでは

もっと見る