「死の島」小池真理子著

公開日: 更新日:

 編集者だった澤登志夫は69歳。腎臓がんの宣告を受け、カルチャースクールの講師を辞める。最後の授業の後、小説のクラスの受講生だった宮島樹里に声をかけられた。澤にほめられた樹里の短編「抹殺」は、実は彼女の幼時の体験に基づくという。それは夫に見向きもされない母の寝室を祖父が訪れるという衝撃的な内容だった。そして樹里の住まいは澤の住まいに近いことを知った。

 2日後、澤はかつての不倫相手の妹から、姉が亡くなり、「ベックリーン 死の島」という画集を澤に残したと伝えられた。その後、澤はしゃれたボールペンをもらった礼を口実に、樹里にメールを送る。26歳の女と出会った、初老の男の末期の覚悟を描く。

(文藝春秋 1700円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  2. 2

    3000億円「Go To 利権」にちらつくパソナと竹中平蔵氏の影

  3. 3

    自粛解除で昭恵夫人ウズウズ 居酒屋UZU再開に官邸ヒヤヒヤ

  4. 4

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  5. 5

    白井貴子さん モントリオール金から30年、難民支援を継続

  6. 6

    坂本と大城はどこで感染?巨人コロナ「微陽性」6つの疑問

  7. 7

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  8. 8

    出会いから5年 ついに百恵&友和の決定的な写真が撮られた

  9. 9

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  10. 10

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

もっと見る