バラエティー豊かな日本の地下街

公開日:  更新日:

「知られざる地下街」廣井悠、地下鉄減災研究会著

 あまり知られてはいないと思うが、日本は世界最大の地下街大国でもある。都心部の地価が高いのがその理由だが、現在、全国に80カ所もの地下街があるそうだ。

 地下街の成り立ちから、意外と知られていない豆知識、そして各都市の地下街の魅力などを紹介する、ありそうでなかった地下街本。 

 そもそも地下街とは、駅前広場や道路、公園などの公共用地の地下にある店舗と通路の合わさった施設を指す。店舗の部分が民有地で通路の部分が公共用地の場合は「準地下街」、店舗・通路とも民有地の地下にあるものは「地下階」と区別される。

 日本で最初の地下街は、1930(昭和5)年に現在の銀座線を開業させた「東京地下鉄道」が上野駅に設けた「地下鉄ストア」。以後、2年後には「須田町ストア」、さらにその翌年には「室町ストア」と「日本橋ストア」(今はその一部が「コレド室町」になっている)と続々と開業し、高度経済成長期には大都市から地方の中核都市へと広がっていったそうだ。

 地下街と聞くと、距離が長く、いくつにも分岐し、大きなものになると方向感覚さえ失いそうだが、中には通路の長さわずか25メートル、幅2・4メートルという小さな地下街もある。名古屋市営地下鉄金山駅の中にある「金山商店街」がそれだ。

 また今年開業50周年を迎える高速神戸駅の地下街「メトロこうべ」には、なんと間口40メートルという超横長のコンビニがあるそうだ。

  そんな各地の地下街を紹介する一方で、地下空間に閉ざされるがゆえに利用者が恐怖を感じる地下街の防災への取り組みや、また災害時の避難場所としての地下街の役割などにも言及。一読すれば、普段利用している地下街への見る目が変わるはず。

(河出書房新社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る