「あの頃、この歌、甦る最強伝説」富澤一誠著

公開日: 更新日:

 BSジャパンの人気番組「あの年この歌」のコメンテーターでもある音楽評論家の著者は、「吉田拓郎こそがトレンドセッターだ」と言う。

 1972年の「結婚しようよ」がまさにそれ。当時、キリスト教徒ではないのに、「ぼくの髪が肩まで伸びて君と同じになったら、町の教会で結婚しよう」という若者がいっぱいいたが、まさにこの歌の影響だった。

 テレビに出ない、芸能マスコミの取材を受けない、人気絶頂期における結婚というタブー破りを率先してやったのも拓郎だ。

「歌だけでなく、生き方の問題。やっちゃいけない、どうせできっこないと言われていたことを拓郎さんがぶち破った。だからこそ、みんながエールを送った」と著者。

 フォークからJポップに至る58年間の“最強伝説の歌”について熱く語るインタビュー集。

 (言視舎 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  4. 4

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  5. 5

    戸田恵梨香「東出昌大共演NG」に疑問 本人の意思なのか?

  6. 6

    石破茂氏はどこへ…悲愴の派閥会長辞任から立て直せるのか

  7. 7

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

  8. 8

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  9. 9

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

  10. 10

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

もっと見る

人気キーワード