「さようなら、ギャングランド」東山彰良著

公開日:  更新日:

 寂れた炭鉱の町ブームタウンは、自動車工場の進出で「東洋のデトロイト」と呼ばれるまでに息を吹き返す。かつてクスリの売人だったハルは、少年院を退院後、街のギャング・ヒーツのリーダー・立花に見込まれ、ナンバー3に収まる。立花のペットの猫が原因で、新興ギャングのマングースとトラブルが発生。街一番のギャング・ブリッツのリーダー・黛の立ち会いのもと、手打ちの話し合いが始まる。

 その最中、突然、マングースのリーダー・吉住が拳銃を乱射。ブリッツの1人が組織を乗っ取ろうと、吉住を利用したのだ。立花も黛も殺されたが、生き延びたハルは事態の収拾に動き出す。

 停電で闇に包まれた街を舞台に描く痛快クライムアクション。

(光文社 780円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  5. 5

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  6. 6

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  7. 7

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  8. 8

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

  9. 9

    渋谷、浅草、築地…メジャーリーガーは昼間の観光に大忙し

  10. 10

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

もっと見る