「さようなら、ギャングランド」東山彰良著

公開日: 更新日:

 寂れた炭鉱の町ブームタウンは、自動車工場の進出で「東洋のデトロイト」と呼ばれるまでに息を吹き返す。かつてクスリの売人だったハルは、少年院を退院後、街のギャング・ヒーツのリーダー・立花に見込まれ、ナンバー3に収まる。立花のペットの猫が原因で、新興ギャングのマングースとトラブルが発生。街一番のギャング・ブリッツのリーダー・黛の立ち会いのもと、手打ちの話し合いが始まる。

 その最中、突然、マングースのリーダー・吉住が拳銃を乱射。ブリッツの1人が組織を乗っ取ろうと、吉住を利用したのだ。立花も黛も殺されたが、生き延びたハルは事態の収拾に動き出す。

 停電で闇に包まれた街を舞台に描く痛快クライムアクション。

(光文社 780円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  2. 2

    電波少年で時の人 伊藤高史さん「朋友」から21年年後の今

  3. 3

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  4. 4

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  7. 7

    「やじうまワイド」でMC 58歳の玉利かおるさんは今何を?

  8. 8

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  9. 9

    “私立小御三家”から転落しかねない…学習院初等科の危機

  10. 10

    ラグビーW杯で日テレが高笑い 格安放映権で“濡れ手で粟”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る