「さようなら、ギャングランド」東山彰良著

公開日: 更新日:

 寂れた炭鉱の町ブームタウンは、自動車工場の進出で「東洋のデトロイト」と呼ばれるまでに息を吹き返す。かつてクスリの売人だったハルは、少年院を退院後、街のギャング・ヒーツのリーダー・立花に見込まれ、ナンバー3に収まる。立花のペットの猫が原因で、新興ギャングのマングースとトラブルが発生。街一番のギャング・ブリッツのリーダー・黛の立ち会いのもと、手打ちの話し合いが始まる。

 その最中、突然、マングースのリーダー・吉住が拳銃を乱射。ブリッツの1人が組織を乗っ取ろうと、吉住を利用したのだ。立花も黛も殺されたが、生き延びたハルは事態の収拾に動き出す。

 停電で闇に包まれた街を舞台に描く痛快クライムアクション。

(光文社 780円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  4. 4

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  5. 5

    戸田恵梨香「東出昌大共演NG」に疑問 本人の意思なのか?

  6. 6

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

  7. 7

    石破茂氏はどこへ…悲愴の派閥会長辞任から立て直せるのか

  8. 8

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  9. 9

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

  10. 10

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

もっと見る

人気キーワード