• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「このミス」大賞の一色さゆりさんは小学生で春画描いた

「直木賞作家」の東山彰良氏、「チーム・バチスタの栄光」の海堂尊氏など過去の受賞者に続く逸材になるのか。「第14回 このミステリーがすごい!」大賞の大賞に輝いた一色さゆり氏(27)だ(城山真一氏と共同受賞=賞金1200万円は折半)。東京芸術大学芸術学科卒という才媛の素顔をのぞいてみた。

■目指すのは松本清張のような社会派作家

「芸術の世界で生きることより、幼いころから作家を目指していたような気がします。その思いは、東京芸大で美術史を学び、自分が見た芸術作品の感動を人々にどう伝えたらいいのかと考えているうちにより強くなりました。作品を書く上で参考にしているのは、桐野夏生さんや松本清張さんです。今後も美術の面白さを伝えられるような話を書きたいです。ほかにも、留学中の香港中文大学大学院の修士論文を夏までに書き上げなくてはいけません。また、次回作として、香港で2014年に巻き起こった雨傘革命を題材にしたミステリー小説の構想も練っています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  2. 2

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  3. 3

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  4. 4

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  5. 5

    安倍首相ミエミエ被災地利用 閣僚も国民に“逆ギレ”の末期

  6. 6

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  7. 7

    西村氏の謝罪が火に油 安倍自民“言い訳”に嘘発覚で大炎上

  8. 8

    5000万円疑惑 落ち目の細野豪志氏がすがった“意外な人物”

  9. 9

    文科省の収賄局長が失った 麻布の“億ション”セレブライフ

  10. 10

    防災にどれだけ本気? 安倍政権で「次は東京」という恐怖

もっと見る