「このミス」大賞の一色さゆりさんは小学生で春画描いた

公開日: 更新日:

「直木賞作家」の東山彰良氏、「チーム・バチスタの栄光」の海堂尊氏など過去の受賞者に続く逸材になるのか。「第14回 このミステリーがすごい!」大賞の大賞に輝いた一色さゆり氏(27)だ(城山真一氏と共同受賞=賞金1200万円は折半)。東京芸術大学芸術学科卒という才媛の素顔をのぞいてみた。

■目指すのは松本清張のような社会派作家

「芸術の世界で生きることより、幼いころから作家を目指していたような気がします。その思いは、東京芸大で美術史を学び、自分が見た芸術作品の感動を人々にどう伝えたらいいのかと考えているうちにより強くなりました。作品を書く上で参考にしているのは、桐野夏生さんや松本清張さんです。今後も美術の面白さを伝えられるような話を書きたいです。ほかにも、留学中の香港中文大学大学院の修士論文を夏までに書き上げなくてはいけません。また、次回作として、香港で2014年に巻き起こった雨傘革命を題材にしたミステリー小説の構想も練っています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  6. 6

    豊洲市場“黒い粉塵”問題 都のお粗末清掃で汚染水まみれに

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  9. 9

    “新 加勢大周”でデビュー 坂本一生さんが見つけた天職とは

  10. 10

    いいとも青年隊 工藤兄弟が語った“双子キャラ”への反発心

もっと見る