「凶犬の眼」柚月裕子著

公開日: 更新日:

 主人公は、呉原東捜査2課から、田舎の駐在所に異動した日岡秀一。かつての上司・大上が暴力団の尾谷組に肩入れしていたことを憂慮した県警本部による左遷だったが、血で血を洗う抗争事件の現場から田んぼと畑を巡回する生活に激変したことに、物足りなさを感じていた。

 そんなある日、広島の叔父の葬儀に出た日岡は、帰り道に立ち寄った小料理屋・志野で、指名手配中の国光寛郎と遭遇する。

 国光を拘束できれば刑事として第一線に戻れるかもしれないと思った日岡に対して、自分の正体を気づかれたことを察した国光は、やり残したことを終えたらあんたに手錠をはめてもらうから時間をくれと直談判してきた。果たして日岡はどんな選択をするのか……。

 本作は、第69回日本推理作家協会賞を受賞し、第154回直木賞候補、第37回吉川英治文学新人賞候補、第6回山田風太郎賞候補にもなって注目を浴び、5月には映画も公開される「孤狼の血」の続編。

 静かな田舎町に潜むおとこ気あふれる指名手配犯との真剣勝負をスリリングに描く。自らの正義を貫く日岡の情熱に圧倒される。

 (KADOKAWA 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ローン3億6千万円…海老蔵は麻央さんと思い出の豪邸売却へ

  2. 2

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    小池知事よこしまな思惑 宣言“期間設定”背景にバッハ会長

  5. 5

    「バッハさん東京に来ないで!」小池知事が白旗を上げる日

  6. 6

    ファイザーと合意書を交わしたわけではない?子供の使い?

  7. 7

    変異株の学校クラスター 豊中の小学校“陽性率1.5%”の衝撃

  8. 8

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  9. 9

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  10. 10

    吉村氏言い訳に躍起 2月変異株確認も早期宣言解除を正当化

もっと見る

人気キーワード