• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「遺伝子ドライブ」が兵器となり得る兵士を作り出す

 映画やアニメの中で、私たちは頻繁に人工生命体を見てきた。しかし、世界の最先端科学技術はすでにそれを現実のものとしている。須田桃子著「合成生物学の衝撃」(文藝春秋 1500円+税)では、この分野のトップランナーであるアメリカの研究者たちに取材を重ね、その現状をリポートしている。

 遺伝子を改変したり、人工的に生命を生み出すことについて、多くの人は漠然とした不安を抱くはずだ。しかし、それが人類の役に立つと言われたらどうだろう。例えば、この分野で注目されている「遺伝子ドライブ」というアイデアだ。DNAの合成と編集の最新技術を駆使して生物に改変遺伝子を持たせる技術で、有性生殖で繁殖させることができるため、どんな生物にも適用ができる。病原体への耐性を持たせたり、メスを不妊にさせることも可能で、蚊をはじめとする病気を媒介する昆虫を根絶したり、作物や雑草が獲得した農薬や除草剤への耐性を無効にすることもできるわけだ。

 しかし、遺伝子ドライブが人間に利用されたらどうか。アメリカで巨額の予算を付けている国防高等研究計画局、通称DARPA(ダーパ)では、“兵士を強くする研究”が進んでいるという。戦場でも眠らなくてよく、暗闇でも目が見えて、あらゆるウイルスに免疫を持つ兵士が生まれれば、それ自体が“兵器”になり得る。実際、DARPAには兵士の能力強化に関する研究プログラムがあるのだという。

 親を持たずコンピューター上で設計された完全なる人工生命体「ミニマル・セル」もすでに誕生しており、研究の背景についてもつづられている本書。人工生命体との共存は、もはや避けられないのかもしれない。


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  5. 5

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  8. 8

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

もっと見る