「ガンより怖い薬剤耐性菌」三瀬勝利、山内一也著

公開日:  更新日:

 現在、世界のがんによる死亡者数は年間880万人といわれているが、2050年にはがんを凌駕して年間1000万人が死亡すると推定されている病がある。それは、薬剤耐性菌による感染症だ。日本でも、がんと心疾患に続き、肺炎が死亡原因の第3位となっている。高齢化もさることながら、肺炎球菌などに抗菌薬が効かなくなっていることも要因のひとつであるという。

 薬剤耐性菌の暴走をもたらしているのが、過剰な抗菌薬、消毒薬、及び抗菌グッズなどの使用である。抗菌薬は多くの感染症を制圧してきたことも事実だが、一方では先進国を中心にさまざまな感染症を蔓延させ、重症化させている。肺炎をはじめとする呼吸器感染症はもとより、淋病や性器クラミジアなどの性感染症、髄膜炎や脳炎、O157やノロウイルス、そしてコレラ菌までも暴れ出す可能性があると本書は警告している。

 さらに感染症だけでなく、抗菌薬によって体内の有益な微生物が駆逐されることで起こる健康被害も懸念されている。例えば、2010年時点でアメリカでは国民の30%が肥満に、そして12人に1人が喘息になっているという報告があり、これらの患者には抗菌薬の服用者が非常に多いのだという。また、若年性の炎症性腸疾患を発症した子供は、健康な子供に比べて抗菌薬を投与された割合が84%も高いそうだ。近年の研究では、自閉症と抗菌薬使用の関係性も指摘されている。

 その抗菌薬は本当に必要か。使用前に考える必要がありそうだ。 (集英社 840円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

もっと見る