「ガンより怖い薬剤耐性菌」三瀬勝利、山内一也著

公開日: 更新日:

 現在、世界のがんによる死亡者数は年間880万人といわれているが、2050年にはがんを凌駕して年間1000万人が死亡すると推定されている病がある。それは、薬剤耐性菌による感染症だ。日本でも、がんと心疾患に続き、肺炎が死亡原因の第3位となっている。高齢化もさることながら、肺炎球菌などに抗菌薬が効かなくなっていることも要因のひとつであるという。

 薬剤耐性菌の暴走をもたらしているのが、過剰な抗菌薬、消毒薬、及び抗菌グッズなどの使用である。抗菌薬は多くの感染症を制圧してきたことも事実だが、一方では先進国を中心にさまざまな感染症を蔓延させ、重症化させている。肺炎をはじめとする呼吸器感染症はもとより、淋病や性器クラミジアなどの性感染症、髄膜炎や脳炎、O157やノロウイルス、そしてコレラ菌までも暴れ出す可能性があると本書は警告している。

 さらに感染症だけでなく、抗菌薬によって体内の有益な微生物が駆逐されることで起こる健康被害も懸念されている。例えば、2010年時点でアメリカでは国民の30%が肥満に、そして12人に1人が喘息になっているという報告があり、これらの患者には抗菌薬の服用者が非常に多いのだという。また、若年性の炎症性腸疾患を発症した子供は、健康な子供に比べて抗菌薬を投与された割合が84%も高いそうだ。近年の研究では、自閉症と抗菌薬使用の関係性も指摘されている。

 その抗菌薬は本当に必要か。使用前に考える必要がありそうだ。 (集英社 840円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  2. 2

    「主戦場」デザキ監督 右派の一貫性のなさを見せたかった

  3. 3

    慶応幼稚舎の教育を国内最高峰と勘違いする生徒たち

  4. 4

    仙道敦子は脇役で存在感だが…夫・緒形直人の気になる今

  5. 5

    学級崩壊寸前の学校も “ブランド公立小学校”の理想と現実

  6. 6

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  7. 7

    52歳娘の仕送りで困窮…ひきこもり長引かせた86歳父の地獄

  8. 8

    中学受験とお金<下>成功の秘訣は外遊びと毎日のドリル習慣

  9. 9

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  10. 10

    NHK朝ドラ「なつぞら」には華麗な実在モデルがいる!

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る