「新版議論のレッスン」福澤一吉著

公開日: 更新日:

 意思決定には十分な議論が必要だと頭では分かっていても、出来るだけ避けたいと思っている人も多いのでは。

 しかし、議論をすることは「考える」ことにほかならず、大学入試改革も「考える」ことに重点を置かれる時代。今こそ日本社会は、場の雰囲気や空気を読むことに気を回すことをやめて議論のあり方について真剣に取り組まなければならないと著者は説く。

 議論を支える基本的構造を理解すれば、モノの見方が変わり、国会中継やニュース番組への理解から、友人との会話、そして社内会議やリポートの作成まで、さまざまな場面に応用できる。

 国会審議や家族の日常会話、学者の憲法論議などさまざまな議論をテキストに、そのルールや構造を解説したベストセラーの新版。

(NHK出版 860円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  2. 2

    安倍自民は大誤算 首都圏は「最後の1議席」が大激戦に

  3. 3

    維新に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至

  4. 4

    TV局に「元SMAP使うな」ジャニーズ事務所“圧力”の裏の傲慢

  5. 5

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  6. 6

    「西城秀樹のサインはダメ」と叱ったジャニー喜多川さん

  7. 7

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  8. 8

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  9. 9

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  10. 10

    吉本「契約書なし」にカミついたハリセンボン春菜の正論

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る