「新版議論のレッスン」福澤一吉著

公開日:

 意思決定には十分な議論が必要だと頭では分かっていても、出来るだけ避けたいと思っている人も多いのでは。

 しかし、議論をすることは「考える」ことにほかならず、大学入試改革も「考える」ことに重点を置かれる時代。今こそ日本社会は、場の雰囲気や空気を読むことに気を回すことをやめて議論のあり方について真剣に取り組まなければならないと著者は説く。

 議論を支える基本的構造を理解すれば、モノの見方が変わり、国会中継やニュース番組への理解から、友人との会話、そして社内会議やリポートの作成まで、さまざまな場面に応用できる。

 国会審議や家族の日常会話、学者の憲法論議などさまざまな議論をテキストに、そのルールや構造を解説したベストセラーの新版。

(NHK出版 860円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  8. 8

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  9. 9

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る