「戦後ゼロ年東京ブラックホール」貴志謙介著

公開日:

 1946年、占領当局は「望ましからぬ人物」の公職追放を始めた。戦犯、職業軍人、極端な国家主義団体や国会議員など20万人が追放された。だが、日本を統治できるスキルのあるアメリカ人はあまりいなかったため、キャリア官僚には手をつけられなかった。

 アメリカ人は占領後、官僚と親しくなり、誰を追放するかは彼ら自身に決定させた。また、諜報機関G2のウィロビー准将は筋金入りの反共主義者で、大本営参謀や情報将校をソ連とのスパイ戦に利用しようとした。日本軍の参謀だった河辺虎四郎、有末精三、服部卓四郎、辻政信らはアメリカに機密情報を売って訴追を免れたのだ。

 敗戦後の日本の闇をえぐるNHKスペシャルの出版化。

(NHK出版 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

もっと見る