「戦後ゼロ年東京ブラックホール」貴志謙介著

公開日: 更新日:

 1946年、占領当局は「望ましからぬ人物」の公職追放を始めた。戦犯、職業軍人、極端な国家主義団体や国会議員など20万人が追放された。だが、日本を統治できるスキルのあるアメリカ人はあまりいなかったため、キャリア官僚には手をつけられなかった。

 アメリカ人は占領後、官僚と親しくなり、誰を追放するかは彼ら自身に決定させた。また、諜報機関G2のウィロビー准将は筋金入りの反共主義者で、大本営参謀や情報将校をソ連とのスパイ戦に利用しようとした。日本軍の参謀だった河辺虎四郎、有末精三、服部卓四郎、辻政信らはアメリカに機密情報を売って訴追を免れたのだ。

 敗戦後の日本の闇をえぐるNHKスペシャルの出版化。

(NHK出版 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  3. 3

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  4. 4

    菅野美穂「ウチカレ」不評…“恋愛の神様”はオワコンなのか

  5. 5

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  6. 6

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  7. 7

    自宅コロナ死急増「病床不足」の裏に退院できる患者の滞留

  8. 8

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

  9. 9

    大栄翔が初優勝 平幕V続出「戦国時代」の裏の“角界の凋落”

  10. 10

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

もっと見る

人気キーワード