「戦後ゼロ年東京ブラックホール」貴志謙介著

公開日: 更新日:

 1946年、占領当局は「望ましからぬ人物」の公職追放を始めた。戦犯、職業軍人、極端な国家主義団体や国会議員など20万人が追放された。だが、日本を統治できるスキルのあるアメリカ人はあまりいなかったため、キャリア官僚には手をつけられなかった。

 アメリカ人は占領後、官僚と親しくなり、誰を追放するかは彼ら自身に決定させた。また、諜報機関G2のウィロビー准将は筋金入りの反共主義者で、大本営参謀や情報将校をソ連とのスパイ戦に利用しようとした。日本軍の参謀だった河辺虎四郎、有末精三、服部卓四郎、辻政信らはアメリカに機密情報を売って訴追を免れたのだ。

 敗戦後の日本の闇をえぐるNHKスペシャルの出版化。

(NHK出版 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  2. 2

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  3. 3

    幼保無償化がようやくスタートも…多子世帯には厳しい現実

  4. 4

    植野妙実子氏「表現の自由」の抑圧で民主国家は成立しない

  5. 5

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  6. 6

    五つ子の“減胎手術”ですべての子を失った女性の悔恨

  7. 7

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  8. 8

    元おニャン子・立見里歌さん 元アイドルが子育て終えた今

  9. 9

    誰が見ても違反じゃないか 動かない捜査当局の腐敗堕落

  10. 10

    「ゴジラvsコング」で始動 小栗旬を待つ“雑巾がけ”の日々

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る