「戦後ゼロ年東京ブラックホール」貴志謙介著

公開日:

 1946年、占領当局は「望ましからぬ人物」の公職追放を始めた。戦犯、職業軍人、極端な国家主義団体や国会議員など20万人が追放された。だが、日本を統治できるスキルのあるアメリカ人はあまりいなかったため、キャリア官僚には手をつけられなかった。

 アメリカ人は占領後、官僚と親しくなり、誰を追放するかは彼ら自身に決定させた。また、諜報機関G2のウィロビー准将は筋金入りの反共主義者で、大本営参謀や情報将校をソ連とのスパイ戦に利用しようとした。日本軍の参謀だった河辺虎四郎、有末精三、服部卓四郎、辻政信らはアメリカに機密情報を売って訴追を免れたのだ。

 敗戦後の日本の闇をえぐるNHKスペシャルの出版化。

(NHK出版 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る