「管見妄語できすぎた話」藤原正彦著

公開日:  更新日:

 週刊誌人気コラムの書籍化。第6巻となる本書には2014年秋からの1年分を収録する。

 友人に誘われて、父・新田次郎の作品「聖職の碑」の舞台となった木曽駒ケ岳に登ることになった。3年前に同じ友人に誘われ妻を伴い南アルプス仙丈ケ岳に登山したときのつらい体験が蘇り、1カ月ほど標高1300メートルの山荘でトレーニングに励み、父が何度も取材で訪れた山に臨んだ日のこと。その他、独立の賛否を問う住民投票の渦中のスコットランドに滞在して垣間見た人々の様子や、高卒の天才数学者ラマヌジャンと重ねて、ノーベル賞で多くの日本人受賞者を輩出できた本質的理由などを考える。

 ユーモアを交え、時事から日々の点景まで縦横無尽につづる。

 (新潮社 490円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  5. 5

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  6. 6

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  7. 7

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  8. 8

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

  9. 9

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  10. 10

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

もっと見る