「管見妄語できすぎた話」藤原正彦著

公開日: 更新日:

 週刊誌人気コラムの書籍化。第6巻となる本書には2014年秋からの1年分を収録する。

 友人に誘われて、父・新田次郎の作品「聖職の碑」の舞台となった木曽駒ケ岳に登ることになった。3年前に同じ友人に誘われ妻を伴い南アルプス仙丈ケ岳に登山したときのつらい体験が蘇り、1カ月ほど標高1300メートルの山荘でトレーニングに励み、父が何度も取材で訪れた山に臨んだ日のこと。その他、独立の賛否を問う住民投票の渦中のスコットランドに滞在して垣間見た人々の様子や、高卒の天才数学者ラマヌジャンと重ねて、ノーベル賞で多くの日本人受賞者を輩出できた本質的理由などを考える。

 ユーモアを交え、時事から日々の点景まで縦横無尽につづる。

 (新潮社 490円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜市IR誘致表明で始まる“菅長官vsヤクザ”の仁義なき戦い

  2. 2

    強烈ジョークでNHKを慌てさせた 香取慎吾の気になる今後

  3. 3

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  4. 4

    中居正広が五輪キャスター争奪戦で“売れ残り”の大ピンチ

  5. 5

    全て思惑通り…N国の立花党首にマスコミは利用されている

  6. 6

    U18の“二枚看板” 大船渡・佐々木と星陵・奥川に数々の不安

  7. 7

    「カジノではなくF1とディズニーを」“ハマのドン”が激怒

  8. 8

    泥沼の日韓対立 この政権が続く限り解決は不可能<上>

  9. 9

    “報道キャスター”櫻井翔の評価急上昇 NHKと日テレで争奪戦

  10. 10

    さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る