「管見妄語できすぎた話」藤原正彦著

公開日: 更新日:

 週刊誌人気コラムの書籍化。第6巻となる本書には2014年秋からの1年分を収録する。

 友人に誘われて、父・新田次郎の作品「聖職の碑」の舞台となった木曽駒ケ岳に登ることになった。3年前に同じ友人に誘われ妻を伴い南アルプス仙丈ケ岳に登山したときのつらい体験が蘇り、1カ月ほど標高1300メートルの山荘でトレーニングに励み、父が何度も取材で訪れた山に臨んだ日のこと。その他、独立の賛否を問う住民投票の渦中のスコットランドに滞在して垣間見た人々の様子や、高卒の天才数学者ラマヌジャンと重ねて、ノーベル賞で多くの日本人受賞者を輩出できた本質的理由などを考える。

 ユーモアを交え、時事から日々の点景まで縦横無尽につづる。

 (新潮社 490円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  2. 2

    韓国人の予感が的中…誰も驚かなかった日本のコロナ拡大

  3. 3

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    GoTo足かせで宿泊施設増えず…コロナ隔離難民であふれ返る

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  8. 8

    加藤厚労相“指揮権放棄” コロナ禍から逃げまくり表に出ず

  9. 9

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  10. 10

    チャリティーゴルフで社会貢献 人気絶頂女子プロの“本音”

もっと見る