「日本衆愚社会」呉智英著

公開日: 更新日:

 偽善的な人権主義が広がる中、思想や言論はかえって統制が強くなる一方、ネットにはフェイク情報が氾濫。こうした状況下で、衆愚社会と化した日本の言論状況を斬る時評コラム集。

 沖縄で機動隊員が基地施設反対運動家に「土人」「支那人」と言った問題を取り上げ、「ジャーナリズムに代表される知識人世界が俗論に深く侵蝕されている現実」を批判。禁止用語とされる「支那」は差別用語ではないと反論し、「日本人が『支那』と呼ぶのが差別なら、なぜ中国は欧米の『China』に抗議しないのか」と疑問を呈する。

 その他、第9条と共に戦争に歯止めをかける第76条2項について改憲派も護憲派も触れない憲法改正論議など。時々の話題を俎上に、自称知識人たちの言説の誤りを突く。

 (小学館 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  3. 3

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  4. 4

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  5. 5

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  6. 6

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  7. 7

    何があったのか…嵐「活動休止」櫻井翔の“予告”と複雑背景

  8. 8

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  9. 9

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  10. 10

    「こりゃめでてーな」伊藤こう大が語る“破滅的”貧乏生活

もっと見る