「100年人生の生き方死に方」久恒啓一著

公開日: 更新日:

 100歳近くまで生きた偉人たちには<学び続ける><夢がある><謙虚>など7つの共通項があるという。

 たとえば江戸時代末期に生まれ91歳で亡くなった実業家の渋沢栄一は、元官僚。どんな境遇におかれても進んで学んだ氏は、やがて具体的提案力と優れた実行力を備える人物として知られるようになった。

 そんな氏は「有望な仕事はあるが資金がない」という人に対し「人の信用こそ最大の財産である」と言い、何事かをなさんと考えるなら信用の蓄積が大事であることを説いた。

 ほかにも91歳で亡くなった元プロ野球監督の西本幸雄の「いわしも大群となると力が出る」、105歳で亡くなった医師の日野原重明の「しかし、人間は生き方を変えることができる」など、葛飾北斎(88歳)から平櫛田中(107歳)まで、100歳を生き切った先達81人の箴言を紹介。

(さくら舎 1400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  2. 2

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  3. 3

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  4. 4

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  5. 5

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  6. 6

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  7. 7

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  8. 8

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  9. 9

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  10. 10

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

もっと見る