「最高の日本酒」大竹聡著

公開日: 更新日:

 酒飲みライターの著者が「がぶ飲み」企画に疲れていた頃、そば屋でうまい酒に出合った。店の主人が教えてくれた「地酒の小山酒店」の店主は酒蔵と協力して新たな日本酒の世界を切り開いている。小山氏推奨のひとつが栃木の「仙禽」。11代目蔵元の薄井一樹氏が実家に戻ったとき、普通酒を大量生産していた実家は経営難にあえいでいた。

 ブドウ栽培からワインの生産まで一貫して行うワインの醸造元をドメーヌというが、薄井氏は「㈱せんきん」のドメーヌ化をめざす。

 米を地元で取れる亀ノ尾、雄町、山田錦に限定。仕込み水と同じ水脈の田で栽培された米で酒を造ることにこだわった。酒に関わる熱いドラマがいっぱい。

 左利きでない人にも読んでほしい一冊。

(双葉社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  2. 2

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  3. 3

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  4. 4

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  5. 5

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  6. 6

    立憲安住淳氏 国民目線でなければ政権から引きずり降ろす

  7. 7

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  8. 8

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  9. 9

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  10. 10

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

もっと見る

人気キーワード