「最高の日本酒」大竹聡著

公開日:

 酒飲みライターの著者が「がぶ飲み」企画に疲れていた頃、そば屋でうまい酒に出合った。店の主人が教えてくれた「地酒の小山酒店」の店主は酒蔵と協力して新たな日本酒の世界を切り開いている。小山氏推奨のひとつが栃木の「仙禽」。11代目蔵元の薄井一樹氏が実家に戻ったとき、普通酒を大量生産していた実家は経営難にあえいでいた。

 ブドウ栽培からワインの生産まで一貫して行うワインの醸造元をドメーヌというが、薄井氏は「㈱せんきん」のドメーヌ化をめざす。

 米を地元で取れる亀ノ尾、雄町、山田錦に限定。仕込み水と同じ水脈の田で栽培された米で酒を造ることにこだわった。酒に関わる熱いドラマがいっぱい。

 左利きでない人にも読んでほしい一冊。

(双葉社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  9. 9

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  10. 10

    掛布氏と岡田氏は会話せず…阪神OB会に漂った微妙な空気

もっと見る