「辺境メシ」高野秀行著

公開日: 更新日:

 辺境探検家として世界各地の秘境に足を運んできた著者は、旅をしている中で、自ら進んで、あるいはやむを得ず、ご当地特有の「メシ」にありついてきた。本書には、これまで著者が食してきた奇食珍食の数々が紹介されている。

 ゴリラ、ラクダ、水牛、モルモットなど、およそ食材としてはイメージできない肉を食べると聞くだけでも驚かされるが、これらはほんの序の口。

 羊の金玉と脳みそのたたき、バッタとアリの卵を挟んだサンドイッチ、ヤギの糞のスープ、ウ○コにそっくりの羊の生肉のハンバーグ、ヒキガエルジュース……といったものが出てくると、バッタやイモムシといった昆虫食などはむしろ普通に思える。

 さらには、世界で最も臭い食べ物といわれる塩漬けニシンのシュールストレミングと2番目に位置する韓国のホンオ(エイ)にも挑戦、それを食する模様は壮絶。

 本人いわく、元来は好き嫌いが多く胃腸も強くないとのこと。それでも食べてしまうのは強烈な好奇心のなせる業。

(文藝春秋 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  7. 7

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

  10. 10

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

もっと見る