「辺境メシ」高野秀行著

公開日:

 辺境探検家として世界各地の秘境に足を運んできた著者は、旅をしている中で、自ら進んで、あるいはやむを得ず、ご当地特有の「メシ」にありついてきた。本書には、これまで著者が食してきた奇食珍食の数々が紹介されている。

 ゴリラ、ラクダ、水牛、モルモットなど、およそ食材としてはイメージできない肉を食べると聞くだけでも驚かされるが、これらはほんの序の口。

 羊の金玉と脳みそのたたき、バッタとアリの卵を挟んだサンドイッチ、ヤギの糞のスープ、ウ○コにそっくりの羊の生肉のハンバーグ、ヒキガエルジュース……といったものが出てくると、バッタやイモムシといった昆虫食などはむしろ普通に思える。

 さらには、世界で最も臭い食べ物といわれる塩漬けニシンのシュールストレミングと2番目に位置する韓国のホンオ(エイ)にも挑戦、それを食する模様は壮絶。

 本人いわく、元来は好き嫌いが多く胃腸も強くないとのこと。それでも食べてしまうのは強烈な好奇心のなせる業。

(文藝春秋 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る