「人間狩り」犬塚理人著

公開日:

 物語の発端は、20年前に起こった小学生女児殺人事件。

 被害女児の自宅に、少女の両目が送り届けられるという残忍な事件で、加害者となった14歳の少年の家からは、犯行の様子を記録した映像が押収されていた。しかし、20年もの月日を経て、その映像が闇オークションに出品されるという事件が起こる。人事第一課監察係の白石は、捜査関係者による映像の持ち出しを疑い、当時捜査にかかわった捜査関係者の周囲を探っていく。一方、ネット上でも事件は話題となり、犯人捜しをする自警団が動き始めたのだが……。

 第38回横溝正史ミステリ大賞優秀賞受賞作。少年法によって守られ社会復帰を果たしていたかつての凶悪犯を巡るさまざまな人々の複雑な思いが、克明に描かれている。

 正義の名のもとにネットに集まる自警団は、社会にどんなインパクトを与えていくのか。匿名の人々がネットを介して暴走する危険性をあぶりだした、極めて現代的なテーマ設定が興味深い。

(KADOKAWA 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  6. 6

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る