「人間狩り」犬塚理人著

公開日: 更新日:

 物語の発端は、20年前に起こった小学生女児殺人事件。

 被害女児の自宅に、少女の両目が送り届けられるという残忍な事件で、加害者となった14歳の少年の家からは、犯行の様子を記録した映像が押収されていた。しかし、20年もの月日を経て、その映像が闇オークションに出品されるという事件が起こる。人事第一課監察係の白石は、捜査関係者による映像の持ち出しを疑い、当時捜査にかかわった捜査関係者の周囲を探っていく。一方、ネット上でも事件は話題となり、犯人捜しをする自警団が動き始めたのだが……。

 第38回横溝正史ミステリ大賞優秀賞受賞作。少年法によって守られ社会復帰を果たしていたかつての凶悪犯を巡るさまざまな人々の複雑な思いが、克明に描かれている。

 正義の名のもとにネットに集まる自警団は、社会にどんなインパクトを与えていくのか。匿名の人々がネットを介して暴走する危険性をあぶりだした、極めて現代的なテーマ設定が興味深い。

(KADOKAWA 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  6. 6

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  7. 7

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  8. 8

    会長の「終身雇用守れぬ」発言に隠された経団連の“本音”

  9. 9

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  10. 10

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

もっと見る