「月」辺見庸著

公開日:  更新日:

 ふと目がさめる。まぶたがひらいたまま、目がさめる。みえない。とくになにも……。物語はこの独白から始まる。語り手は「きーちゃん」。園の入所者で、性別年齢不詳。目が見えず、話すこともできない。上肢、下肢ともに動かせず、ベッドの上でひとつの“かたまり”として存在しつづける。しかし、その思考は自由闊達、鋭敏な感覚で周囲を「観察」し、時には「あかぎあかえ」という人格的な分身を使って動き回ることも。

 そんなきーちゃんが注視しているのが「さとくん」だ。園の介助職員で、表面的には明朗闊達で入所者から人気があったが、途中で辞職。その後〈にんげんとはなにか〉という大問題に行き当たり、世の中をよくするべく、〈にんげん〉でない者の浄化作戦を決行する。きーちゃんはさとくんのおぞましい心の暗部へ入り込み、さとくんの計画決行に至る内面に深く迫っていく――。

 相模原市の「津久井やまゆり園」での障害者殺傷事件に想を得た小説。全編、冗舌ともいえるきーちゃんのひとり語りで、表層的な言葉でしか語られてこなかったこの事件の〈語られない真実〉をすくい取ろうと試みた衝撃作。

(KADOKAWA 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る