「酒の神さま」吉村喜彦著

公開日:

 バー・リバーサイドに久しぶりにアッコこと明子が姿を見せ、骨折した母親の介護のため、しばらく五島列島の中通島の実家に帰省していたと、お土産をマスターの草太に手渡す。草太は、「爽やかで季節にぴったりのもの」という彼女のリクエストに応え、シャンパンと搾りたてのオレンジジュースでミモザをつくる。

 彼女は地元タクシー会社のエース・ドライバーだったが、このところ成績が伸びず悩んでいた。その原因に心当たりはあるのだが、自分ではどうすることもできない。

 そんなある日、川沿いの道を運転していたアッコは、路上で動けなくなっていたレース用の鳩を保護する。(「サザン・バード」)

 店の窓から多摩川を望む小さなバーを舞台に繰り広げられるハートウオーミング・ストーリー集。

(角川春樹事務所 560円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る