「脚本家 市川森一の世界」市川森一論集刊行委員会編

公開日: 更新日:

 1970年代半ばから80年代にかけてはテレビドラマの黄金期であり、同時に、橋田寿賀子、向田邦子、早坂暁、山田太一、倉本聰、市川森一らのドラマ作家たちが活躍した「脚本家の時代」でもあった。本書は、そうした黄金時代の一翼を担った市川森一の足跡と業績を、市川と親交の深かった人たちの思い出とともにつづったもの。

 市川の脚本家デビューは1966年の「快獣ブースカ」。以後ウルトラマンシリーズなどの子供向けドラマの脚本を手がけたが、その名を一躍知らしめたのはショーケンこと萩原健一が主演した「傷だらけの天使」だ。70年安保後のアナーキーな青春群像を描き、伝説的なドラマとして語り継がれている。後続の脚本家に大きな影響を与えたのは「淋しいのはお前だけじゃない」。三谷幸喜の「王様のレストラン」と宮藤官九郎の「タイガー&ドラゴン」はこの作品へのオマージュだ。

 その他、NHK大河ドラマの「黄金の日日」の思い出を松本白鸚が語り、同郷の役所広司が市川と長崎の思い出を語るなど、市川の多面的な活躍ぶりを伝えてくれる。読み進めるうちに、懐かしきテレビドラマの世界がよみがえってくるのも楽しい。

(長崎文献社 2800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    片山杜秀氏 日本は“束ねられる”ファシズム化が進んでいる

  2. 2

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  3. 3

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  4. 4

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  5. 5

    シーズン中に異例の発表 G上原を引退に追い込んだ球威不足

  6. 6

    レオパレス21も標的 旧村上ファンド系が次に狙う会社は?

  7. 7

    “ヨン様そっくり”ぺよん潤 芸人仕事と兼ねる意外な副業

  8. 8

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  9. 9

    トランプが千秋楽観戦で…正面マス席1000席確保の大困惑

  10. 10

    首位要因は丸だけ?当事者に聞いた原巨人と由伸時代の違い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る