「脚本家 市川森一の世界」市川森一論集刊行委員会編

公開日: 更新日:

 1970年代半ばから80年代にかけてはテレビドラマの黄金期であり、同時に、橋田寿賀子、向田邦子、早坂暁、山田太一、倉本聰、市川森一らのドラマ作家たちが活躍した「脚本家の時代」でもあった。本書は、そうした黄金時代の一翼を担った市川森一の足跡と業績を、市川と親交の深かった人たちの思い出とともにつづったもの。

 市川の脚本家デビューは1966年の「快獣ブースカ」。以後ウルトラマンシリーズなどの子供向けドラマの脚本を手がけたが、その名を一躍知らしめたのはショーケンこと萩原健一が主演した「傷だらけの天使」だ。70年安保後のアナーキーな青春群像を描き、伝説的なドラマとして語り継がれている。後続の脚本家に大きな影響を与えたのは「淋しいのはお前だけじゃない」。三谷幸喜の「王様のレストラン」と宮藤官九郎の「タイガー&ドラゴン」はこの作品へのオマージュだ。

 その他、NHK大河ドラマの「黄金の日日」の思い出を松本白鸚が語り、同郷の役所広司が市川と長崎の思い出を語るなど、市川の多面的な活躍ぶりを伝えてくれる。読み進めるうちに、懐かしきテレビドラマの世界がよみがえってくるのも楽しい。

(長崎文献社 2800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  6. 6

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  7. 7

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  8. 8

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  9. 9

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  10. 10

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る