「その診断を疑え!」池谷敏郎著

公開日: 更新日:

 つらい症状があるのに、病院を受診しても異常なしと診断され、別の病院へと渡り歩く……。近頃、こんな病院難民が増えていると、総合内科専門医の著者は言う。

 中には、ひどい足の冷えが良くならずに病院難民となっていたら、脚を切断する羽目になったというケースもある。その原因は、閉塞性動脈硬化症。下肢の動脈硬化による血行不良で冷えやだるさなどが起こり、やがて長時間の歩行が困難になり、最悪の場合は脚が壊死して切断に至るという恐ろしい疾患だ。

 冷えの訴えを聞いて血管年齢検査や頚動脈エコー検査を行い、動脈硬化が進んでいればMRIや血管造影などの精密検査を行うことで、閉塞性動脈硬化症は診断できる。医師が患者の症状を丁寧に聞き取れば、疾患を見逃すことは避けられるはずだ。

 ところが、現在の日本の医療環境がそれを妨害している。人口あたりの病院数は世界で最も多いが、臨床医の数は人口1000人あたり2.4人で、OECD加盟の34カ国中、下から6番目という低さ。一方、国民1人あたりの年間受診数は12.8回と上から2番目に多い。つまり、1人の医師でたくさんの患者を診なければならず、時間をかけて向き合うことが困難になっているのだ。

 本書では、頭痛を放置したために脳梗塞を発症したり、緑内障を見逃して長期間、見当違いのアレルギー治療を行われたなど、著者のクリニックにたどり着いた病院難民のケースを紹介しながら、難民にならないための“患者力”の上げ方を伝授。オノマトペ(擬音語)を駆使して症状を具体的に話せる「伝える力」を高めることや、疑問を箇条書きで整理し医師の意見を聞く「質問力」を磨くことなどが大切だとしている。

 医師任せはもう通用しない時代なのだ。

(集英社インターナショナル860円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  3. 3

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  4. 4

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  5. 5

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  6. 6

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  7. 7

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  8. 8

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  9. 9

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  10. 10

    中日・根尾は大学を経てからのプロ入りでもよかったのでは

もっと見る