「予言の島」澤村伊智著

公開日: 更新日:

 天宮淳の幼馴染みの大原宗作が上司のパワハラを受け自殺を図った。一命は取り留めたものの心を閉ざしていた宗作を励まそうと、やはり幼馴染みの岬春夫の提案で3人で旅行することに。

 行き先は瀬戸内海に浮かぶ霧久井島。同島は、彼らが小学生の頃、一世を風靡した霊能力者・宇津木幽子が生涯最後の予言をした場所。予言によると20年後の2017年8月25日にこの島で《霊魂6つが冥府へ堕つる》という。その予言を確かめに行こうというのだ。

 島に着くと、怨霊が下りてくるという理由で予約していた宿がキャンセルに。3人は別の宿を見つけるが、その宿には宇津木幽子に心酔する霊能者・虚霊子、強烈なマザコン親子、宇津木の孫娘・沙千花といった、いわくつきの面々が集まっていた。島の人たちはよそ者の彼らに口を閉ざし、不穏な雰囲気をたたえていた。そんな中、幼馴染みの1人が遺体で発見される。さらに第2、第3の犠牲者が。宇津木の予言は果たして実現するのか……。

 さまざまな謎が錯綜しながら最後に意想外な事実が明かされ、頭から読み直さずにはいられない。ホラー風味をたっぷり加えた新機軸のミステリー。

(KADOKAWA 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    11点差の負け試合に野手登板 G原采配「最善策」の違和感

  7. 7

    巨人の快進撃を支える「神走塁」 地味ながら凄い3人の正体

  8. 8

    ドラマで描かれないシーン 古関裕而は無類の愛煙家だった

  9. 9

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  10. 10

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

もっと見る