「世界の本好きたちが教えてくれた人生を変えた本と本屋さん」ジェーン・マウント著 清水玲奈訳

公開日: 更新日:

 長年、IT業界で働いてきた著者は、ある日、無性に絵が描きたくなりアパートの一室をアトリエにして、目の前の本棚を描き始めた。その絵がきっかけとなり、愛書家たちの蔵書のポートレートを描くようになった。やがて本棚にある本をそのまま描くよりも、「あなたにとって特別で、理想の本棚に一生置いておきたい1冊は?」をたずね、それを絵にした「理想の本棚」を描くようになったという。

 そうして、これまでに1000点を超える「理想の本棚」、1万5000冊以上もの本の背表紙を描いてきた著者が、創作を通じて蓄積した情報をもとに、愛する本についてさまざまな視点から紹介するイラストガイドブック。

 例えば「熱狂的ファンを生んだ聖典」の章では、出版社に却下された回数が最多(121回)のベストセラーとしてギネスブックにも載る「禅とオートバイ修理技術」(ロバート・M・パーシグ著)や、著者の自死10年後に出版された「まぬけたちの連合」(ジョン・ケネディ・トゥール著)など、批評家に酷評されても一部の読者に「一番の愛読書」に選ばれるほどのカルト的人気を誇る傑作本を紹介。

 その他、絵本から究極の恋愛小説、旅行ガイド、哲学書、料理のレシピ集までありとあらゆるジャンルの本をテーマ別に取り上げる。

 さらに、司書や書店主など本のプロが薦めるとっておきの名著などもあり、ページを繰るたびに読者の「読みたい本リスト」が増えていくに違いない。

 本の紹介だけにとどまらず、世界各地の人気書店や図書館、書店の「看板猫」、アーティストが本にインスピレーションを受けてつくった「歌」など、本好きにはたまらない情報が満載。

(エクスナレッジ 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  2. 2

    悪徳マルチ元会長逮捕で安倍前首相が国会で“球拾い”する日

  3. 3

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  4. 4

    「集団就職」の真偽を問いただすと口調が興奮気味に一変

  5. 5

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  6. 6

    宝くじ億万長者の2人…同じ数字の組み合わせを20年間継続

  7. 7

    <前>菅首相も舌を巻く…自分ファースト小池知事の粛清人事

  8. 8

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  9. 9

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  10. 10

    “お騒がせ女王” 華原朋美「事務所クビ」の真相と問題行動

もっと見る