「同潤会代官山 アパートメント」三上延著

公開日: 更新日:

 1927年、結婚して初めて住むことになったアパートの一室で、竹井八重が夫の浴衣を縫いながら物思いにふけっているところから物語は始まる。そもそも八重は10代で一度結婚していたものの夫の悪所通いに耐えられなくなって離縁し、もう二度と結婚することはないと思っていた。

 ところが、関東大震災で亡くなった妹の婚約者と悲しさを共有するうち、その婚約者と結婚することになったのだ。本来なら妹が住むはずだったモダンな文化住宅に、八重はなかなか馴染むことができず、夫にも距離を感じ始める……。(「月の沙漠を」)

 本書は、日本初の近代集合住宅だった「同潤会アパート」で暮らした家族の物語。プロローグとエピローグの間に、八重が登場する冒頭の「月の沙漠を」を皮切りに、日中戦争中の1937年に八重の娘・恵子が過ごしたクリスマスを描いた「恵みの露」から、阪神・淡路大震災を乗り越えた八重のひ孫が登場する「みんなのおうち」に至るまで、4世代の8つの短編を収録。

 心の居場所としての家が形を変えながら、家族の思いと共に引き継がれていく様子が、温かく胸に迫る。

(新潮社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    飯野矢住代誕生秘話<12>同棲から妊娠…ジャニーズ事務所は解雇、ホステス業は産休に

    飯野矢住代誕生秘話<12>同棲から妊娠…ジャニーズ事務所は解雇、ホステス業は産休に

  2. 2
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

  3. 3
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

  4. 4
    ブレークスルー感染で死亡…米国女性の遺族が「ワクチン拒否の人々のせい」と批判

    ブレークスルー感染で死亡…米国女性の遺族が「ワクチン拒否の人々のせい」と批判

  5. 5
    コロナ“隠れ陽性者”は東京都発表の3倍超!モニタリング検査抑制の罪とリバウンドの火種【独自試算】

    コロナ“隠れ陽性者”は東京都発表の3倍超!モニタリング検査抑制の罪とリバウンドの火種【独自試算】

もっと見る

  1. 6
    巨人・丸の深刻不振はコロナ後遺症か…フィジカルトレーナーが指摘する「感覚受容器への影響」とは

    巨人・丸の深刻不振はコロナ後遺症か…フィジカルトレーナーが指摘する「感覚受容器への影響」とは

  2. 7
    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

  3. 8
    阪神のプロアマ規定違反チョンボに他球団ニンマリ 天理・達孝太をドラフト指名する球団はどこ?

    阪神のプロアマ規定違反チョンボに他球団ニンマリ 天理・達孝太をドラフト指名する球団はどこ?

  4. 9
    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  5. 10
    屈指の“立ちんぼ”エリア大久保で週3回も…27歳女性教師の売春2度逮捕に都教育委「前代未聞」と仰天

    屈指の“立ちんぼ”エリア大久保で週3回も…27歳女性教師の売春2度逮捕に都教育委「前代未聞」と仰天

人気キーワード