「風狂ヴァイオリン」小川征也著

公開日: 更新日:

 津村澄人は49歳。大手製薬会社の大阪支店長を務め、社長から内々に来年の役員昇進を約束されている。人もうらやむ順風満帆の人生。だが、澄人は若い頃から、50歳までサラリーマンをやるが、以降は風来坊になると公言していて、妻ともその条件で結婚したのだ。

 いよいよ実行するべく、まずは京都の修学院近くに下宿を定める。とはいえ、哲学の学徒という大家の希望を無視し、おまけに保証人なしというむちゃな要望を強引に受け入れさせてしまう。

 澄人の目指す風来坊とは、ヴァイオリン一つを身のよすがに、鳥のようなコスモポリタンになること。手始めに行ったのは神戸のソープで、ソープ嬢2人相手のヴァイオリンのライブ。続いて、平安神宮近くの動物園の河馬(かば)の前で路上ライブ。河馬たちは何の反応も示さず、やむなく三条大橋へ移動するが、地元のヤクザに脅されてしまう。なんとも破天荒だが、彼はなぜ風来坊になることになったのか。そこには若くして亡くなった親友と、ニューヨークで客死した実母の思い出があった……。

 奇行を繰り返す澄人だが、そこには日常の壁を越えた世界を求める大人のロマンがあふれている。

 (作品社 2000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇場版「鬼滅の刃」公開 SNSの“負の側面”から広がった共感

  2. 2

    非ジャニオタも取り込んだSnow Man 初動90万枚突破の秘訣

  3. 3

    元祖ビジュアル系 ジュリーの化粧に賛否両論が巻き起こる

  4. 4

    今や芸能界をけん引「アラフィフ女性」パワーに男もかすむ

  5. 5

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  6. 6

    菅首相えげつない灰色“錬金術パーティー” 規正法に抵触か

  7. 7

    何が「未来志向」だ! 学術会議が菅政権に下す反撃の一手

  8. 8

    堺雅人が育メンでやっと充実オフ「半沢直樹」の“役落とし”

  9. 9

    新庄剛志が「あんまり今お金ない」発言…では何を生業に?

  10. 10

    ソフトB周東が大暴れ 育成出身躍進の裏に身内仰天の厳しさ

もっと見る

人気キーワード